お彼岸と中秋の名月とおだんごと


中秋の名月、お天気を心配しましたが
見られてよかったですね!
今年は張り切ってお団子を作って家族で食べました。
お月様を愛でるよりは食欲?

今日はお墓参りにも行きました。
一緒に行った甥っ子が珍しくカラオケに行きたいというので
みんなでぞろぞろ行きました。
このごろカラオケなんて全然行ってなかったのですが
点数が出て、対戦とかできるんですね~。
初めて聞いた甥っ子の歌は
声が小さいけれど音程とリズムが正確なので高得点。
今の難しい曲で90点台連発でした。
私はつい熱唱して
音程やリズムを無視してしまうので得点は出ません・・・><
でもなんだか楽しかったです。

そんなお彼岸・・・



彼岸花のスケッチ(F4 水彩)



彼岸花のスケッチ(F4 水彩)



彼岸花のスケッチ(F4 水彩)


彼岸花は描いても描いても納得いかないかんじがします。
この妖しい美しさを捉まえるのは
容易ではないのですね。
どこへ行ってもこの赤が目に飛び込んできて
そわそわします。

昨日のスケッチを描いたときの動画、アップしますね。
途中で用事が入って時間が経ってしまったので
急に日差しが強くなってます。。。

こちらからどうぞ!

お花を描くにはやはりお花の構造をしっかり観察することが大事です。
彼岸花は百合のようなかたちのお花が放射状にぐるりとついていて
それぞれ花びらが6枚、おしべが6本、めしべが1本あります。
特徴的な長いおしべ&めしべですが、
優雅な曲線を描いて上に向かいます。
葯(ぽちぽち)がついているのがおしべ、
ついていないのがめしべです。
蕾からまずひゅっとめしべが出てきます。
それから徐々に花びらが開いておしべが出てきます。
そんなことを観察しながら描いていくと楽しいです。

昨日に引き続き、お知らせです。
今年も水彩画のカレンダーを作りますが
昨年好評だった選挙をまたやろうかな、と思ってます。
力が抜けてる作品が選ばれてることが多くて
なかなか意外な結果の月もあったので
わたしにとっても勉強になりました。
そんなわけでもういちど!
そして去年は300円のみ値引きでしたが
何冊かまとめて買ってくださる方も多いので
今年は参加してくださった方には何冊でも300円引きで販売します
もちろん、選挙の参加のみでもOK!
ゲーム感覚でぜひ♪
でもお一人様1回ね。

ではこちらからどーぞ!

〆切は10月7日とさせていただきます。

早速票が割れてきてます。
来週あたり、中間報告しなくちゃね!

ヒガンバナ(彼岸花)

学名:Lycoris radiata
科名:ヒガンバナ科ヒガンバナ属
別名:曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ)リコリス・ラジアータ
開花時期:9月中旬
分布:日本には北海道から琉球列島まで見られるが、
   自生ではなく、中国大陸から直接ないし間接的に持ち込まれたものと考えられる。
生育地:人里に生育し、田畑の周辺や堤防、墓地などに見られることが多い。
    山間部森林内でも見られる場合があるが、
    これはむしろそのような場所がかつては人里であった可能性を示す。

道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に色素形成異常で白みがかった個体もある。
三倍体のため不稔性であるが、変種のコヒガンバナ(Lycoris radiata var. pumila)は
二倍体で稔性があり、他の種との交配により多様な園芸品種が作出されている。
全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリン等)を多く含む有毒植物。
経口摂取すると吐き気や下痢を起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死に至ることもある。
異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、蛇花(へびのはな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、捨子花(すてごばな)、はっかけばばあと呼んで、日本では不吉であると忌み嫌われることもあるが、反対に「赤い花・天上の花」の意味で、めでたい兆しとされることもある。日本での別名・方言は千以上が知られている

花言葉:「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」
    「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

今年も咲きました。そして今年もカレンダー総選挙!


お彼岸ですね。
そして中秋の名月は明日?
暦も気分もすっかり秋です。



彼岸花のスケッチ(F8 水彩)


この花は本当に不思議ですよね。
まだまだ暑い!と夏をひきずっているのに
いつの間にか気がつくと咲いている。
この前までなにもなかったのに
急ににょっきり現れるので驚かされます。
鮮やかな赤は制作意欲をかきたてられるのですが
なかなか難しいですね。
ちょうどこの花が咲き始める頃に亡くなった
猫さんを思い出したりして
妙に感傷的にもなります。

そうだ、これを描いたときに久しぶりに動画も撮ったので
そのうちアップしますね。

それと先日、人物画講座が無事終了しました。
急だったので人数少なめ9名でしたが
それがかえってよかったかも。
皆さんにはじっくり取り組んでいただけたと思います。
よい時間でした。
ご参加の皆様、ありがとうございました。
参加できない人のために動画を・・・と思ったのですが
ハンディーカムちゃんがなぜかピーピー言い始めて・・・

撮れませんでした

・・・><ごめん。

けれどこの日のために作った渾身の資料(?)がありますので
来月参加される方、しっかり受け取ってくださいね。
来月のお申し込み、今の時点でもう9名様いらっしゃるので
考えていらっしゃる方はお早めに。
あんまり多いと描きにくいので15~6名くらいで締め切ろうかなと思ってます。
9名でもけっこうきゅうきゅうだったもんね?

そして今日は大事なお知らせがありまーす!

今年も水彩画のカレンダーを作りますが
昨年好評だった選挙をまたやろうかな、と思ってます。
力が抜けてる作品が選ばれてることが多くて
なかなか意外な結果の月もあったので
わたしにとっても勉強になりました。
そんなわけでもういちど!
そして去年は300円のみ値引きでしたが
何冊かまとめて買ってくださる方も多いので
今年は参加してくださった方には何冊でも300円引きで販売します
もちろん、選挙の参加のみでもOK!
ゲーム感覚でぜひ♪
でもお一人様1回ね。

ではこちらからどーぞ!

〆切は10月7日とさせていただきます。

ヒガンバナ(彼岸花)

学名:Lycoris radiata
科名:ヒガンバナ科ヒガンバナ属
別名:曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ)リコリス・ラジアータ
開花時期:9月中旬
分布:日本には北海道から琉球列島まで見られるが、
   自生ではなく、中国大陸から直接ないし間接的に持ち込まれたものと考えられる。
生育地:人里に生育し、田畑の周辺や堤防、墓地などに見られることが多い。
    山間部森林内でも見られる場合があるが、
    これはむしろそのような場所がかつては人里であった可能性を示す。

道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に色素形成異常で白みがかった個体もある。
三倍体のため不稔性であるが、変種のコヒガンバナ(Lycoris radiata var. pumila)は
二倍体で稔性があり、他の種との交配により多様な園芸品種が作出されている。
全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリン等)を多く含む有毒植物。
経口摂取すると吐き気や下痢を起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死に至ることもある。
異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、蛇花(へびのはな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、捨子花(すてごばな)、はっかけばばあと呼んで、日本では不吉であると忌み嫌われることもあるが、反対に「赤い花・天上の花」の意味で、めでたい兆しとされることもある。日本での別名・方言は千以上が知られている

花言葉:「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」
    「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

コケモモ、なってました。


コケモモ、食べたことあります?
直径5mmのが大粒に見えるような小さな実ですが
なかなか美味しくて
ジャムにすると最高です♪
酸味があるフルーツのジャムはよいですよね。

昔子供の頃に読んだお話に
女の子がコケモモを摘みに行く場面があって
ずっと憧れてました。

高原にしかないので
なかなか実がたわわになっている場面には出会えないのですが
先月、とうとう!



コケモモのスケッチ(F4 水彩)


お花屋さんで売ってるのは
なんであんなに実が大きいのかしらね。
栄養がよいのか種類がちがうのか。

これはこの辺り一帯にたくさんなっているコケモモの中でも
一番大きくてたわわになっている株でした。
実の大きさはたぶん直径5mmに満たないかんじ。

こんな岩場でなっているのは小さいし
赤い色も日が当たるほうしかついていなくて

半分、白い。

あんまりおいしそうに見えないのですが
ちょいとつまんでみるとちゃんと熟してるんですよね。

近くに苺もなっていたのでこれも一粒つまんでみたら
苦い・・・><
よい子はまねしないでくださいね。

人物画講座参加者募集中で~す。
詳しくはこちらから!

よろしくお願いいたします。

コケモモ(苔桃)

学名:Vaccinium vitis-idaea L.
科名:ツツジ科スノキ属
開花時期:5-7月・実は秋
分布:ユーラシアの北部や北アメリカの周北林(北半球の寒帯の森林)で
   温帯から北極圏に近い地域まで。
生育地:森林に生育するため日陰で湿度が高く、また土壌が酸性の場所を好む。

コケモモからの改良種で「リンゴンベリー」や「カウベリー」といった果実があります。
日本名ではコケモモですが、日本で自生しているものとは別の物です。

なるほど!

花言葉(実):「反抗心」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

秋が来るので夏の花を今のうちにUPしよう


今日の野の花を描く教室@ジョイフル守谷店に
何のお花を持っていこうか・・・
と悩んでいたら
ひょっこり彼岸花が咲き出しました。
早いね!
いつのまにか秋は来ている。

彼岸花がなかったらセンニンソウを採りに行こうと思ってました。
センニンソウ、仙人草という字です。
花が終わったあとの種が
ふさふさとした仙人の頭髪のようなのでこの名があるようです。
可憐なお花はこちら!



センニンソウのスケッチ(F4 水彩)


クレマチスの仲間なので葉っぱの形が完璧クレマチス。
白い十文字の花びらにシベが目立つ花はとても可憐ですが
かなり丈夫らしく
真夏、ほかのお花がぐったりしてるころに
旺盛に花を咲かせます。
真夏の雪!といった風情。
そして意外に香りが強い。
ふつうにどこでもある感じなのですが
あまりの暑さにだれも見てくれてないのかも。
気づいている人は少なめです。
フェンスや空き地、土手なんかでも見かけます。

そしてこの花によく似ているのがこちら。



ボタンヅルのスケッチ(F4 水彩)


お気づきでしょうか、葉っぱのかたちが違います。
ギザギザしてます。
この形が牡丹の葉のようなのでボタンヅル。
これは山にしかないのですぐわかります。
先月末に美ヶ原高原にスケッチに行ったときに見つけました。
去年だったか、軽井沢でも描きましたっけ。
大好きなんですよね~。

ボタンヅルは涼しいところで咲いているから
お外スケッチしやすいのですが
センニンソウは暑くてとてもとても・・・><
そんなわけで絵の密度がちがうのでした。

暑くてお休みしていたお外スケッチ
そろそろ再開しなくてはね。

手始めは彼岸花かな。

あ、そうだ。
人物画講座参加者募集中で~す。
詳しくはこちらから!

よろしくお願いいたします。

センニンソウ(仙人草)

学名:Clematis terniflora DC.
科名:キンポウゲ科センニンソウ属
別名:「ウマクワズ(馬食わず)」
開花時期:8-9月
分布:中国中部、台湾、朝鮮半島南部、日本の温帯から亜熱帯の地域に分布。
   日本では北海道南部、本州、小笠原諸島、四国、九州、沖縄に広く分布。
生育地:日当りの良い山野や道端の低木林の林縁。

和名は痩果に付く綿毛を仙人の髭に見たてたことに由来する。
有毒植物で馬や牛が絶対に口にしないことから「ウマクワズ」の別名がある。
生薬・扁桃腺の薬としても使われている。
(けどまねしないほうがいいかも・・・)

花言葉:「安全」「無事」「あふれるばかりの善意」

ボタンヅル(牡丹蔓)

学名:Clematis apiifolia
科名:キンポウゲ科センニンソウ属
別名:「ウマクワズ(馬食わず)」
開花時期:8-9月
分布:朝鮮、中国の暖帯から温帯にかけて分布。
   日本では、本州、四国、九州に分布。
生育地:野の日当たりのよい草原や林縁などで、低木林や他の草などにからんで生育

和名は、葉の様子がボタン(牡丹)に似、つる性であることからついた。
萼片は4枚花はセンニンソウよりわずかにクリーム色を帯びる。
花糸は長く,萼片と同じかさらに長い。」毒草。

花言葉:「休息」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

人物画、描きませんか?


すっかり涼しくなりましたね!
とはいえまだまだ油断は出来ませんが
一時よりはずっと楽になりました。
胃腸の不調はすっかりよくなり
食欲の秋となりつつありますが
頬がこけてしまったのがなかなかもとにもどらず
長髪をひっつめるとやつれて見えるので
ショートカットにしてしまいました♪
5歳は若返ったと言われてます?!
気分も新たに!

ここのところ災害続き。
関西台風被害
北海道の地震
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
うちの北海道の親戚も2日近く連絡が取れなかったので
心配しました。
おかげさまでみんな無事でした。
電気は停まったけど
水道が使えたのがありがたかったと。
片付けのときに足の爪に怪我したくらいで済んだそうです。
でもほんと、どちらの災害も人事ではありませんね。
いろいろ考えさせられました。

ところで
先月の教室2箇所で人物を描きましたが
なかなか楽しかったようです。
でも花を描く、という教室で
モデルさんを描くのもなんか違うし・・・
それにもっと描きたい、というお声もいただいたし・・・

そこでご提案です。
人物描きませんか?
急ですが、今月と来月に企画してみました~。


①9月21日(金)
 10:00~13:00
 江戸川台西口 ぶらっとえにし
 *人物画 基本編
 参加費\2000

②10月19日(金)
 10:00~13:00
 江戸川台西口 ぶらっとえにし
 *人物クロッキー(モデル有)
 参加費\2000+モデル代(参加人数による)

「いきなり描くのもなんだなぁ」
「初めてなんですけど・・・」

という方のために
練習日を設けました。

初めての方はどうしても頭か大きく
手足が小さくなりがちです。
細かいところにどうしても目がいってしまうのと
時間がない!という焦りから
身体のバランスをとるのが意外と難しいのです。
身体の基本的な比率について
軽くレクチャーいたします。

それからまずはご自分の手を描いていただきます。



手のスケッチ(F6 コンテ)

え?自分の手?

とあなどるなかれ
先日のクロッキーを見てましたら
みなさん手で苦労されてました。

いろんなパターンで練習してみてください。
あと、これはコンテを使用してますが鉛筆でもかまいません。
画材は何でもOKです。
コンテが使ってみたい方は
お申し込み時におっしゃってくださればご用意します。
ビストル(こげ茶)・サンギン(赤茶)・黒(硬さいろいろアリ)・白があります。
1本173円です。(ここから10%引きになります!)

こちらのリンクだと黒のみですね。
カラーのセットもあるみたいですが・・・

コンテ、なかなか味が出てよいですよ♪
コンテペンシルもおススメです。

200円くらいだけれど
通販で1本とか買うのはちょっと難しいかな。
お近くの画材屋さんで探してみてくださいね。

そして手に飽きたらお近くの方の脚とか



脚のスケッチ(F6 コンテ)


顔とか


お互いに描きっこしてみましょう。
鏡を持ってきてくだされば自画像もアリです。



Tさん(F6 コンテ)


様子をみて
皆さんがモデルを描きたいようでしたら
わたくしがモデルを何ポーズか務めます。

それで3時間、みっちり準備していただくのが
①の日、9月21日です。
これだけでだいぶちがうはずです。あとはご自宅で自主練!(笑)

人物画経験者は特に必要ないかも。
初めての方対象です。

翌月②の日は実際にモデルさんを描いていただきます。
20分ポーズを5回、クロッキーしていただきます。(ポーズは全部変えます)

ね、描けそうな気がしてきたでしょ?
決まっているのはここまで。
皆さんのご意見も伺って
翌月は固定ポーズにするかもしれないし
さらに短いクロッキーに挑戦していただくかもしれません。
気になる方は第三金曜日明けといてね~。

用意するもの、など詳細は
HPをご覧ください
できましたらLINE@でもご案内いたします。
お教室に入っている方はそれぞれの教室のときに詳しくお知らせしますね!

なかなか描けるチャンスのない人物
この秋にしっかり練習しちゃいましょう!

お問い合わせはこちらから!

そばかすがキュート♪


百合にはいつも心惹かれる。
白いのはもちろん
そばかすのあるオレンジ色の百合も
キュートで好き。

これはクルマユリ。
葉っぱの付き方が独特。

これも高峰高原にて。



クルマユリのスケッチ(F4 水彩)


クルマユリ(車百合)

学名: Lilium medeoloides A. Gray
科名:ユリ科ユリ属
開花時期:7-8月
分布:中国、朝鮮半島、サハリン、カムチャッカ半島、千島列島、日本に分布。
   日本では北海道や本州の中部以北と
   大台ヶ原山と四国の剣山の高山帯から亜高山帯の草原に分布。
生育地:亜高山から高山の草地。

葉が車輪のように付き、花の反り返りが、花弁が後ろ手出で触れ合うほど強いのが特徴。
鱗茎は可食で、アイヌ料理では調理して食される。

花言葉:多才な人

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪