秋明菊


今の時期の蚊はすごい。
今まで効いていた蚊よけもものともしないで襲ってくる。
それでもがんばって外でスケッチ。
細かい部分をよく見て描きたいとか、どうしても描きづらいところにあるとか、仕方ない場合以外は切らずに描きたいと思う。
切ってしまった花からは何かが抜けてしまっているように見える。
切ってすぐならいいんだけど一晩とかたってしまうと、たとえ形がまだきれいだったとしてもその花のエネルギーというか魂というか、何かが失われてしまっているような気がする。
お花屋さんの花はわかりやすい。
あんなにきれいでもそこらの雑草と呼ばれるような花のほうが描きたいとおもうもの。
でも、なぜか実ものはあんまりそういうことが気にならないので切ってきてしまう。
晴れたらサイクリングがてらカラスウリを採りに行きたいな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です