ホトトギス


おさんぽスケッチ用の道具のグレードアップをはかっています。
いままで水筆ペンという、おなかの部分にお水が入れられるようになっている筆を使っていました。
それは水筒がいらないので便利だったのですがやっぱり先がきかない!
思ったようなかたちに色をおくことができません。
水分の調整もなかなかうまくいかないし。
そこで、ふだん使っている彩色筆と削用筆をみじかく切って、それにあわせて切ったすのこでくるくる巻いて収納。
水筒は化粧品の試供品が入っていたボトル。
いつものポーチにぴったり収まったのですが、どうも水筒が使いづらい…。
座れるところならまだいいのですが、立って描くとスケッチブックと筆とパレットを持ってさらにボトルを持つことになり、なかなか大変。
はっと気がつくとぼとぼとこぼしてたりします。
はりがねでフックをつくってパレットにひっかけられるようにしたらいいのかな?
でも収納に問題が出そう….。
まだまだ改良の余地あり、です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です