クサノオウ


キンポウゲに似ている…でも花びらが4枚…。
調べたらこういう名前でした。
くさ(瘡)の治療に使用したためこの名がついたのだそうです。
瘡の王。
でも毒です、医者の指導なしに服用しないで下さい、と注意書きも。
このまえのウラシマソウといい、お薬と毒は一緒なんですね~。
そういえば前にテレビでアレキサンダー大王の死因は毒殺ではなくて
薬湯の飲み過ぎではないかという説が紹介されていました。

それはさておき、植物園に行ってもなぜか雑草っぽい花に惹かれてしまいます。
だって、かわいいんだもの。
それに植物園では雑草も大きめで元気で美しいのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です