曼珠沙華(ヒガンバナ)


まだ早いと油断していたらもう咲いていた。
お彼岸の頃に咲くせいか、お墓とか死に近いもののイメージが強いのだけど
わたしはこのちいさな炎のような可憐なお花が大好き。
毎年描いてはためいき。
このふんわりしたリズミカルなうごきはなかなか捉えられない。

これはまさに開いたばかり、いちばんきれいなときに出会えた。

翌日また見にいったらちょっきんと切られてた。
やっぱり私と同じようにこのお花が好きなひとがいるんだね。
これからまたどんどん咲くはずだから楽しみにしていよ。


“曼珠沙華(ヒガンバナ)” への2件の返信

  1. 毎年のコト
    お彼岸近くになると
    ピュイ-ンと茎が伸びてきますよね。
    あ、咲いてる=おはぎ食べようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です