自然のめぐみ


ちょっとめずらしいピンクの藤。



Sさんは春は山菜、秋はきのこ、自然を食べる達人。
藤の花も食べられると聞いて目を輝かせてた。
わたしのうちの食卓にのったことはないけれど、同行のHさんはつぼみのところをほぐして天ぷらに
Oさんちにいたってはぶどうのようにふさごと天ぷらにしたものが供されるという。
よいかおりがするらしい。
(…といわれてもそんなに積極的に食べてみようという気にはならないけど…。)

この日Sさんは柿の若葉やらたらの芽やらハリギリやらを積極的に集め、帰ったら天ぷらにするのだとはりきっていた。
夕方になってわらびの群生してるのを発見。
彼女は「わらび園にいるみたい~♪」と幸せそうに集めてた。
かくいうわたしもスケッチするのも忘れて両手いっぱいにわらび。
山菜採りというのはけっこうたのしいかも。

“自然のめぐみ” への4件の返信

  1. わらび~
    きのこ採りに行ったかと思ったら、今度は山菜ですか!
    いいね~
    どっちにしても、食いものだね~

  2. Unknown
    ありがとうございます!
    八重の藤の写真、みせていただきました。ゴージャスできれいでした!別のお花みたいですよね。
    この藤はピンクといっても紫に近いピンクで、となりに普通の藤色のが植わってたのでグラデーションがきれいでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です