懐かしい香りの


北海道にすんでたころお庭にヒメリンゴの木があった。
雪がとけだすとほそい先っぽがみえてきて固いちいさな芽がいっぱいついてた。
秋になる実はかりりとすっぱくてよいかおりがした。



こちらはいただきもの。
なんだかなつかしい。

今日、個展用のほとんどの絵を額屋さんにお渡ししてしまった。
こんなことは初めて。
いつもさいごのさいごまで手を入れなくては気が済まなくってじたばたするのに
まだ搬入まで3日あって手元に絵がないなんて。
一枚だけどうしても手を加えたい絵をのこしたのだけど
さっきギャラリーから作品が多すぎてかけられないというお電話が。
(昨日リストをおくったのであった)
初めての個展のときに壁があまってしまってショックだったのがトラウマになっていて
ついつい多めに用意してしまうのだけど
ではこの残した1枚はいらないってこと?
準備おしまい?
一気にがらんとしたお部屋でなんだかボーゼンとしてしまうのであった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です