個展を終えて


土曜日、個展が終了!
来て下さった皆様、ほんとうにありがとうございました。

芳名帳にご記入下さった方だけでも220名!!
ほんとうにほんとうにありがたいことです。

会場の写真、一部ですが…。



入ってすぐ右側、DMに使った絵と同じテーマのS50号の絵と小さめの日本画たち。

「梅酒です」と言ってしまうとちょっと味気ないのだけど
時を経て熟成しつつたゆたう梅をリズミカルに描いてみたかった。
DMの絵は縦長なのだけどこちらは正方形。
雰囲気がかわる。

ちいさな日本画たちは日々のスケッチをもとに
じぶんの中で熟成させたものたち。
ほろほろと落ちる花びら、
ひらりほどけるぜんまい、
ふわりとさなぎからでてきたばかりの蝶、
いろんな瞬間をとじこめた。



こちらは正面の壁。
そう、DMに使ったほうの絵。



こちら3枚は木版画。
筆で表現しづらいものを版画にする。
版画のある意味不自由なところがわたしにとって魅力。
こまかく描写できないぶん、そぎ落として簡略なかたちにして
ほんとうに言いたいことだけにする。
それがうまくいくとほんとうにきもちよい。
わたしは絵ではしゃべりすぎてしまう傾向がある。



こちらは水彩画のコーナー。
水彩画をこういったかたちで発表したのは実は初めて。
ずっとスケッチには水彩を使ってきたけれど、
それはあくまでじぶんのための資料だった。

これらは作品として描いた水彩画。

先日発見したばかりのシュミンケのアクアプライマーを下地にしたものがほとんど。
ということは….そう、ごく最近の作品ばかり。
アクアプライマーにはまってしまったらそれまでの作品が物足りなくなってしまった。
上がり調子のときに一気に描いたのでとてもかろやかに仕上がった。
それまでうんうん言って苦労したのがうそのように。
絵はそういうことがある。
描けるときと描けないときがあって
描けるときはぜんぜん苦労しないでもしゅるっとよいのが描けちゃうのだ。

じっくり時間をかけて描いた日本画よりも好評…?
なんと、完売!
ありがとうございました~!



今回迷惑だったのはあんみつくんかもしれない。
昨日搬出を終えて、さらに今日はお仕事だったし
このところちっとも遊んであげられなかった。
今日帰ってから、ひさしぶりに丁寧にブラシをかけたり、遊んだり。

猫ってなんで袋に入りたがるんだろ?
ふくろねこ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です