秋は描くものいっぱい!


アザミもほんとうにいろいろな種類がある。
これはオゼヌマアザミ。
大きなマルハナバチがなんどもなんどもやってくる。
待っていて、この角度になったときにジッと観察。
全体の形は比較的楽にとれるのだけど
こういうとき脚をどうしてるのか、何度も見直す。
もちろん一瞬のうごきだし、蜂さんも蜜集めに忙しい身、
すぐに花から花へ移動してしまう。
こんなふうに何度もきてくれないと描けやしない~。
どうやら下向きに閉じておいて、とまる直前にのばすみたいだ。
後足にはたっぷり花粉をくっつけてぷっくりとかわいい。
胴体もちゃいろいやわらかそうな毛で覆われていて
なでなでしてみたいような気分になる。
そんなことしたら刺されるだろうな~。



ここからすこし歩いたところに、キレンゲショウマの実がたくさん!
うわ~、お花が見たかった!
でも実もなんだかユニークでかわいい。



そしてこの時期のお約束、
あしもとにはきのこさん。



スギタケ、という食べられるきのこらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です