こんにちは!

今日も暖かくって空気にほんのり梅の香りがただよう。
昨日ちび梅を描いてたらのぞきにきた小鳥。
百舌鳥かなぁ?
うちによくくる。
そしてけっこうなつっこくって近くに来てくれる。


最近小川洋子さんにはまっている。
「博士の愛した数式」に始まって「ブラフマンの埋葬」
今日は「猫を抱いて象と泳ぐ」を読み終えた。
全編に美しい詩情とうっすらとしたもの悲しさが漂っていて
ほんとうにすてきな物語だった。
どれも淡々としてるんだけどさいごには泣かされてしまう。

さすがにこれからしばらくは読んでいる時間がないので
個展が終わったらもっと味わいつつゆっくり読んでみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です