かわいい花魁


昨日のお教室で描いた一枚。
お外で描いたのと違うのがわかるかな?


室内で描いたほうが描きやすいし細かくも描けるので
メリットは大いにあるのだけれど
わたしはお外で描くほうが好き。
光、風、におい、音、いろいろ感じながら描いたほうが
あとで絵にするときの思い入れがちがう。

このピンク色のかわいいお花を我が家では「盆花」とよんでいる。
お盆の頃に咲く「盆花」は地方によってちがうようで
うちの近く、関東ではミゾハギを指すようだ。
北海道?札幌近辺?とにかく母が北海道に住んでた頃
盆花、といえばこのオイランソウだったらしい。

オイランソウ:花忍(はなしのぶ)科フロックス属。
      「フロックス」の中でも多年草の方を「おいらん草」と呼ぶ。
  開花期は6/15頃~10/15頃。
      高山帯から森林や草原地帯まで幅広く生息。
      別名:「草夾竹桃」(くさきょうちくとう)、フロックス
      花の香りが花魁(おいらん)の白い粉の香りに
      似ているからこの名前になったらしい。
      花の形がかんざしっぽいからかと思った。      
      花言葉は不活発 温和 あなたに同意。

文化村サマークラフトコレクション2012、MicaKatolaは前期、7/21~24日に出展。
Bunkamuraギャラリーにて。

“かわいい花魁” への2件の返信

  1. 屋外のスケッチ
    anmitsu さん~ かわいいお花です~
    屋外のスケッチがいいのは 私もわかります~
    私も基本的に屋外の撮影がすきです。
    難しいのだけど、「空気感」が大事なので、、、
    でも 暑いから屋外スケッチは きついですね~

  2. Unknown
    そうですね、真冬と真夏はきついです。><
    写真もそうですよね。
    どっちかというと夏の方が大変かな。
    もう蓮も咲きだしたのでこれから通います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です