暑かった!


今朝は猛烈にむし暑かった。
ゆうべは寝たのがおそかったのだけれど
蓮が気になって早くに出かけた。

咲いてる!!
それもけっこう手前の描きやすい位置で!

いそいそと道具を広げたら・・・
あ、筆を忘れた・・・。
朝寝ぼけていたようで、筆巻きごと忘れてきてしまった。
もうこの暑さの中とりに戻る気にはなれない。
先日見に行った田淵俊夫さんはシャープペンでスケッチをしているという。
よし、今日は鉛筆デッサンだ。




わたしの好きな画家のひとり、アンドリュー・ワイエスは
鉛筆でのスケッチをフェンシングの剣先にたとえた。
彼の鋭いスケッチには程遠く、なまくら包丁並みだなぁ。

描いているうちに気温はどんどん上がり、
ぱさりと音をたてて花びらがおちる。
もう蚊も飛ばない。
ウシガエルの声がひときわ大きい。



もう暑いから帰ろうとおもったのだけれど
山百合の様子を見に行ったら・・・
なんてきれいなんだ~~!!
というわけでこちらもスケッチ。
ちいさなシジミチョウが花びらの上をおさんぽ。
そろそろキツネノカミソリも咲くなあとおもったのだけれど
今日はあえて見に行かないことにした。

ハス:ハス科多年性水生植物。
   原産地はインド亜大陸とその周辺。
開花期は7~8月。
   古名「はちす」は、花托の形状を蜂の巣に見立てたとするのを通説とする。
  「はす」はその転訛。
   別名、水芙蓉(すいふよう、みずふよう)芙蓉(ふよう)不語仙(ふごせん)
   池見草(いけみぐさ)水の花など。      
   花言葉は「雄弁」「休養」「沈着」「神聖」「清らかな心」「離れゆく愛」

文化村サマークラフトコレクション2012、MicaKatolaは前期、7/21~24日に出展。
Bunkamuraギャラリーにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です