可憐で妖艶?!


今日こそキツネノカミソリさん。

今日は立秋。
今日から残暑見舞いになるのだね。
まだまだ暑いけれど
お花たちは秋の気配。


ここの近くの竹やぶにカラスのおうちがあるらしく
スケッチの間中かあかあ、騒がしかった。
スケッチを終わらせて立ち上がったときに
彼らはわたしの存在に気づいたらしく
あわてて2羽でやってきて木の上からかあかあ。
大きな糞をぽとり。
その攻撃ならとっくによんでる。
彼らの常套手段だもんね。
でもつつかれたら怖いからさっさと離れる。
彼らはお口をあけて威嚇。
まだ子供がいるのかな。
おじゃましました~!

キツネノカミソリ:Lycoris sanguinea (ヒガンバナ科 ヒガンバナ属)
         多年生草本球根植物。
         林縁や明るい落葉広葉樹林に生育。
     早春からスイセンに似た葉を展開し、
         夏草が茂るころには葉が枯れる。
         お盆前後(8月)に花茎を形成し花を咲かせる。
         名前の由来は葉の形がカミソリに似ているかららしい。
         花言葉は 妖艶。
         とっても素朴でかわいらしいかんじだけどねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です