見しやそれともわかぬまに・・・


今朝はどんより雨が降りそうなお天気だった。
晴れ、しかも涼しい予報だったよね?
とりあえずたわわに実った紫式部の前に座る。

んんん?!
ぽちぽちとあるかなきかの雨が落ちてくる。
まあやむだろう、と描き始めた。



すみません、途中です。
雨のせいばかりではないです。
・・・
これはもいちどじっくり描かねばなるまいよ。

今日は天気予報を信じて久しぶりに自転車通勤を。
やっぱり自転車はよいなあ。
こいでるうちにどんより黒い雲は消えた。
しかし「晴れ」は当たったけどまだ暑かった。
ほんとうに自転車が気持ちよい季節は
もうすこし先のよう。

コムラサキシキブ
学名: Callicarpa dichotoma
Callicarpa : ムラサキシキブ属
dichotoma : 二叉になった、叉状分岐の
Callicarpa(カリカルパ)は、ギリシャ語の
「callos(美しい)+carpos(果実)」が語源。
「美しい実」の意味。
科目:クマツヅラ科の落葉低木
分布:日本原産の植物で、本州から沖縄、朝鮮半島や中国にも分布。
花期:6月頃。
   直径3mmくらいの紫紅色の果実を秋頃につける。
  紫式部 → やや大型(背が高い)。実も大きめ。
実は比較的バラバラにつける。
花の柄の根元と葉っぱの柄の根元が
ほぼ同じところについている。
小紫 → やや小型(背が低い)。実も小さめ。
実は枝に沿ってかたまるようにつける。
花の柄の根元と葉っぱの柄の根元が
ちょっとズレたところについている。
*森でよく見かけるのが紫式部、うちに植わってる園芸種が小紫式部のようです。

花言葉:聡明 愛され上手 上品

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬまに
雲がくれにし 夜半の月影        
                紫式部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です