甘い色にうっとり


秋明菊は白から咲き始めて淡いピンクが次に咲く。
なんとも甘そうなかわいいピンク。
うちでは毎年となりに植えたホトトギスと一緒に咲いてくれる。


昨日は「没後70年 竹内栖鳳―京都画壇の画家たち」展にいってきた。
大好きな画家のひとりで、数ヶ月前から楽しみにしてたのだった。
竹内栖鳳といえばこの猫を思い浮かべる。


うちで前に飼っていたきんときという猫にそっくり。

そばに本人(猫)のお写真が!


あ、きんときのほうが美人でした。

すいません、猫馬鹿で。。。

近くで見るとやっぱりすごい。
毛並みの表現、瞳の色・・・!



くまさんもどこかユーモラス。
お鼻のぬれて光ってるかんじとか
瞳の輝きとか肉球とか毛並みとか・・・
ほとんど墨だけですごい表現力。

墨だけ、といったらこちらの象の屏風!



見れば見るほどすごかった。
勢いのあるタッチで象の皮膚の質感まで表現されている。
ただただ脱帽。。

まだまだ修行が足りないと思い知ったのであった・・・。

ここにアップしたのは動物だけれど
風景画もすてきだったなあ。
他の動物もたくさんあり、それぞれの特徴をしっかり描いていて
どれもすてきだった。
干し柿ころころ、みたいなちょっと脱力系の作品も好き。
ぜひぜひ観てみてくださいね、

印象的だったのがこちらの最晩年の作品。


冷たい雪の中の老烏の姿がなんとも孤高。
これを描いた5ヵ月後に帰らぬ人となったのだそう。

今回は特別にブロガー内覧会、ということで
写真撮影がOKでした。

後期に出る軍鶏の絵も観たいので
また来なくては!

シュウメイギク
学名:Anemone hupehensis var. japonica
科目:キンポウゲ科
分布:中国から古い時代に入ってきた帰化植物
開花:9~10月   
別名、キブネギク(貴船菊)。
名前にキクが付くが、キクの仲間ではなくアネモネの仲間。
花言葉:忍耐 薄れゆく愛

きのこの版画展開催中!
いしど画材での水彩画展は明日22日~30日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です