会場めぐり


カブラテングタケの木版画。
ユーモラスなかわいいかたちだったなぁ。
感動が薄れないうちに作った1枚。


今日はいしど画材
マッシュルームをはしご。
今回はどちらも会場にはいないので様子を見にいってきた。
まずはいしど画材ミニギャラリーから。
荷物が多かったためカメラが持てず、携帯の写真。
うまく撮れてないのはお許しくださいませ。
正面は大きめの絵。


入ってすぐの壁、絵墨の作品がしっかり額装されていた。


寄るとこんなかんじ~。


すっかり秋色~。


あ!わたしのお気に入りスケッチブックがお買い得に・・・!!


これは好みがあるのでなんともいえないのだけれど
コットン紙のように吸い込みがあるものよりも
パルプのように若干はじきがあるほうが好きな方にはおすすめ!
発色がきれいだし紙の目もちょうどよいかんじ。
わたしはこれが手放せない!
お値段も高すぎないし、紙がしっかりしていて
裏にも描けちゃう。
そして表紙が薄くて軽いのと
スプリングが短手のほうについているので
リュックに入れて持ち歩くのに便利。
意外とこういう構造のスケッチブックは少ない・・
というかほかで見たことがない。

続いて恵比寿のマッシュルーム。
こちらは他のお客様がお食事中なので
あまり店内の写真は撮れなかったのだけど・・・


ニガクリタケさん、入って正面にどど~んと。


こちらはきのこシールの原画。
額装するとちょっと見え方がちがうね。

そしてうふふ~♪お料理!
今回はデパートの個展の際にお世話になっている
Tさんと3月に控えた池袋東武での個展の打ち合わせもかねて。
Tさんは画商さんというかんじがあまりしない。
でもかなりの凄腕?!
前回、前々回とほとんど売れなかったわたしの絵を
またデパートでできるようこぎつけて下さった。
普通は売れなかった作家が3回もなんてありえない。
Tさんの情熱の賜物、とはご本人の談。
わたしの絵を好きでいてくださるのだ。
ほんとうにありがたいこと。
よい個展にしよう!と決意を新たにするのであった。

それはさておき、マッシュルームの前菜。
いろいろ選べるのだけれどわたしが選んだのは
お魚と根菜の白菜ロール。


Tさんがえらんだえのきのキッシュもおいしそうだった。
あと気になったのがさつまいものポタージュ!
あ~、どれも食べたい!

メイン。
これもいろいろあったのだけれど
「本日の魚」にした。


イトヨリを焼いたものにきのこのあんかけ。
きのこの種類がいろいろ!
このとろりとしたソースがきのこのだし(?)
とハーブの香りでものすごく美味しかった~!

そしてデザート!


フロマージュのムースにカシスシャーベット。
シャーベットはほかにマンゴーのもあって選べる。
もちろん大満足のお味!

あ~しあわせ!

カブラテングタケ
学名: Amanita gymnopus
分類: 真正担子菌綱 ハラタケ目
落葉広葉樹林などに発生する大型のテングタケ類
独特の異臭がすること、根元がかぶら状に膨らむこと、
ひだが黄土色であることなどが特徴。
食毒不明

きのこの版画展開催中!
いしど画材での水彩画展も開催中!30日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です