時間がきたら


別の場所でみつけた
ゴージャスにお花をたくさんつけたリンドウ。
ぱっちりと開いてかわいかったのだけれど
描いているうちに時間が来たようで
まだ明るかったのにみるみるつぼんでしまった。
やっぱりリンドウさんを描くのは
一期一会というか・・・
チャンスをつかむのがむずかしい。


リンドウがつぼんですこししたら
あんなに暑かったのに急に寒くなった。

昨日今日とそういえばちょっと寒かったね。
夏がずぅっと終わらないような
そんな勢いだったのに
ちゃんと秋がきていて
もう冬のあしおとがかすかに聞こえる。
あんみつさんの毛なみもすこし
ふっくらしてきたみたい。

お庭の小菊がそろそろ開き始めた。
もうすこししたら描きごろになる。
 
リンドウ
学名: Gentiana scabra var. buergeri
科目:リンドウ科リンドウ属の多年生植物
分布:本州から四国・九州の湿った野山に自生。
開花:9月~10月
別名:えやみぐさ(疫病草、瘧草)
花は日光を受けると開き夜は閉じる。
雨や曇りの日は閉じたまま。
(品種によってはずっと開かないものもある)
花言葉:「正義と共に、勝利を確信する」
    「悲しんでいるあなたを愛する」

男なきに泣かむとすれば竜胆がわが足もとに光りて居たり
『桐の花』 北原白秋

きのこの版画展開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です