リリース!


今日は寒かった!
12月の気温?
まだ心の準備が・・・!!

スケッチは熟れた烏瓜。


夏に近所でとった甥っ子Bくんのカブトムシはたしかワンペア。
たまごを産んで死んでしまった。
それからしばらくして白い幼虫がうまれた。
何匹いるのか定かではなかったのだけれど
やけに餌の減りが早く
たまに上のほうにはみ出したりしてるので
これはまずい、とおもい5匹ほど残してリリースすることにした。
こわいのであんまり直視したくないわたし。
Bくんは「たっくさんいる!」
というのでどきどきだったのだけれど
がさっとぶちまけたらなんと
30×60cmほどの水槽に30匹くらいいたのだった!!!
まるまった状態で直径5cmほど。
ぜったいカブトムシよりでかい!
そして親とは似ても似つかない。
これがどうしてあんなかたちになるんだろう?

このスケッチの烏瓜が生えてたあたりが
ふかふかの腐葉土だったのでそこに放してきた。
ゆうべは寒かったけれど大丈夫かなぁ・・・。
どうか無事に育って立派なカブトムシになりますように!

カラスウリ
学名:Trichosanthes cucumeroides
科目:ウリ科カラスウリ属:蔓性多年草。雌雄異株。
分布:本州・四国・九州に自生。
   林や藪の草木にからみついて成長する。
開花:7月~9月にかけての日没後から開花、
   雌株にのみにつく果実は10月から11月末に熟す。  
別名:玉章(たまずさ)→種の形を結び文に見立てて
  ツチウリ・キツネノマクラ・ヤマウリ
花言葉:よき便り・誠実・男ぎらい

きのこの版画展開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です