吹く風の誘ふものとは知りながら・・・


蝋梅が咲いている、との情報をGET。
作業のあいまにちょこっとスケッチにいったけれど
足元の雪もまだ残っていてほんとにほんとにほんっとに寒かった!!
湿気があって気温が低いから絵具が乾かないし
手はかじかむし。。。

うって変わって作品はすっかり春爛漫・・・

桜のつぼみがふくらんでくるとそわそわ。
まだ咲かないのにスケッチブックをしょって自転車で出かける。
彼岸桜から始まって八重桜・・・
桜が散ってしまうまでなんだか落ち着かない。
毎年毎年スケッチはするのに
きちんと桜を正面から日本画で描いたことがなかった。
ちょっとひねくれて
散りかかる足元の草花とか
水面におちた桜吹雪とか
そんなのばっかり。

今回は桜がテーマなのでがっつり正面から描くのに挑戦。

吹く風の誘ふものとは知りながら
  散りぬる花のしひて恋しき

後撰集91

 「風に誘われて散るものとは分かっているが、どうしても散ってしまった花が恋しいのだ」

失った恋に対する未練も歌にすると美しい・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です