あさぢふの


いよいよ明日が搬入となった。
絵のほうは数日前にすべて描き終えたのだけれど
今日額装されたものがお昼ごろどさっと届き
それぞれ箱と作品両方に名前シールをつけたり
添えた歌を展示用に書いたりバタバタと忙しかった。
箱がなくって箱だけ注文したものの
肝心の額が入らないものがあったり
自分で額装したもののガラスの汚れをみつけたり
絵がないない、とあわてて探し回って
はた、とプレ展示用に先日送ったことを思い出したり・・・
もっと早く終わると思ったのに
思わぬことで時間がかかってしまった。
早く寝なくちゃ!
明日は午前中はお仕事
夕方から搬入。

今日の作品はちびっこながらお気に入りの一枚。
こういう春の野はスケッチも楽しい。

日本画 15×30cm

 あさぢふの菫まじりのつくつくしまだ野辺しらぬをとめ子ぞつむ

『漫吟集』 契沖
 
あさぢふ、とは浅茅生と書き
ちいさな茅が生えているような野の枕詞だそう。
つくつくし、ってほんとうにつくつく生えてる
つくしの表現にぴったり!
なんだかかわいらしい歌であるね。

木下美香日本画展は池袋東武にて2/28~3/6開催予定!
木下美香展は銀座ギャラリーオカベにて3/18~3/23開催予定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です