華やかに


今年は牡丹もなかなかの咲きっぷりだった。
ちょうどお教室の日によいかんじのが咲いたので
もって行ってみんなで描いた。


おうちでも何度かスケッチしたのだけれど
スケッチブックが大きいのでスキャナーに入らず・・・
F4までなんだよね~。

もうすぐ芍薬もひらきそう♪
実は芍薬、この牡丹の根元から出ている。
牡丹って芍薬の上に接木をして売られているのかな?
これはほんとは咲かせてはいけないのかもね。

ボタン(牡丹)
学名:Paeonia suffruticosa
科目:ボタン科ボタン属
別名:名取草(なとりぐさ)二十日草(はつかぐさ)深見草(ふかみぐさ)
原産地:中国西北部
花期:4月~5月(春牡丹)
流通する苗のほとんどは、芍薬を台木に接ぎ木にしたものである。
春に台木から芍薬の芽が伸びてくるが、すぐに摘み取る。
放置すると接木された牡丹の生育の妨げとなり最悪の場合
牡丹が枯死して完全に芍薬の株に戻ってしまう。

あら!やっぱり!

花言葉:「王者の風格」「富貴」「恥じらい」「高貴」「壮麗」

「牡丹花は 咲き定まりて 静かなり
  花の占めたる 位置のたしかさ」 木下利玄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です