ユニークなお花

これはなんでしょ?

答えはシシウドの蕾。
鞘のようになったところからほろほろとたくさんの蕾がついた枝が何本もでてくる。
ひらくとレースフラワーのように華やか。
蜂やカミキリムシ、ハナムグリなどたくさんの虫たちのレストランとなる。
葉っぱの出かたがユニークで、なんと蕾の入っていた鞘の先から出てるのだ。
下のほうのおおきな葉っぱはやわらかな鞘では到底支えきれず、けっこうだらしなくベロンと垂れている。

下のほうには小ぶりなアザミ。
これもカワイイ。

今日はお仕事のあと、上野の都美術館で行われている院展を観てきた。
妹の千春が出品している。
毎年すごい作品が沢山なので楽しみにしているのだけど、今年も素晴らしかった~!
16日までやってるので、ぜひ‼

それにしても毎年暑い時期なので描くのももちろん大変だろうけど観にいくほうもキツイ!
駅から歩くのに汗だく。
今日はものすごい蒸し暑さで、すっかりくたびれてしまった。
こんな時期に出歩くものではないねー。
でもせっかく来た東京!
いろいろまわらねば!とその足で銀座へ。
軸装でお世話になっているNさんが参加されている鳩居堂での以白会の展示を観てきた。
掛軸の可能性、おそるべし!
パリのメトロの切符で作った作品なんか斬新だった。
こんどきのこ版画で作ってもらおうかなぁ…。
こちらは8日まで。

他にも気になるものはあったのだけど疲れちゃったからここまでにして帰る。
ビールがうまい!(≧∇≦)

シシウド(猪独活)
学名:Angalica pubescens
科名:セリ科シシウド属
開花期:8~11月
分布:本州、四国、九州の山野。
根は薬として独活(ドッカツ)と呼ばれ、掘り起こした根を洗浄して陰干しし、煎じて頭痛薬や、薬酒、風呂に入れて用いることがある。
根の部分をイノシシが食べることからシシウドと呼ばれるようになった、という説がある。
花言葉:健康美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です