ひと段落


これもすこし前のスケッチ。
先日のぞいたらすっかり葉が落ちて
実も乾きかけていた。
ひよどりじょうご、というかわいらしい名前を持つけれど
毒があるから人間は食べられない。
半透明の実の中に白い種が透けて見えてとてもきれいだし
美味しそうなんだけど。

毎年年賀状は猫たちをモデルに木版画。
ことしもやっと刷り終わり
宛名書きも済んでさっき投函してきた。
ほっとひと段落♪
明日から絵に集中!
仕事始めは6日から。
通っているプール以外は外出しない!
・・・たぶん。
でも気になるあそこの椿・・・
スケッチくらいはいくかもね~。

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)
学名 : Solanum lyratum
科名: ナス科ナス属
開花期:8~10月*実は10~11月
分布:北海道から沖縄
   海外では、台湾、朝鮮半島、中国、インドシナ半島などに広く分布

全草に柔らかな毛を持つ。
葉はアサガオに似た三裂したものから、
卵状のものまで部位によって大きく変形する。
実には解熱、利尿、解毒などさまざまな薬効があるが
神経毒であるソラニンを含むので食べるのは危険である。
ヒヨドリジョウゴの名は
ヒヨドリがこの実を好んで食べることから名付けられたとされるが
実際にはとくに好んで食べるわけではなく
冬になっても残っていることが多い。

花言葉:真実、期待、延期、清楚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です