時がたって味がでる


今日のお教室のモチーフ。
妹のかごを借りちゃった。
すごく凝った編み方。
素敵なかご。
中に入れたのは数年前のローズヒップ。
すっかり真っ黒になったけど
それはそれでかっこいい。

かご、といえば
何年か前のこと。
お山のなかのちいさなお店で
山葡萄の蔓で編んだかごがたくさん売られていた。
とっても素敵だったのでおもわず手にとってお値段をみたら・・・
250,000円
・・・・え?
いち、じゅう・ひゃく・・・二十万以上?!
もっともっと高いものもあった。
驚いたけれど、のちのちデパートなんかでチェックしたら
そのくらいするものなんだね。
使えば使うほど美しい艶が出てよくなるのだそう。
憧れるけどちょっと手が出せない。
山葡萄の蔓、集めとこうかな・・・
あんなに美しくは編めないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です