雪のうちに


春一番が吹いた。

朝は穏やかで暖かい自転車日和だったので
とてもまよったんだけど
午後から風が強い予報。
このごろの天気予報はよくあたる。
それに先日転んでからちょっと慎重になってる。
個展前にムリはすまい。。。
そんなわけで電車GO!!

正解だったね。

今日は野の花を描く、という講座だったのだけれど
前回まで何もないよ~といったかんじだったのに
咲いてる咲いてる!
カラシナもハナダイコンもコブシもハナニラも春蘭まで!!
スケッチに行きたい気分でいっぱい。

もう春はきてる。

雪のうちに
S0号  和紙、岩絵具、箔

2月に咲いた節分草。
昨年いただいてまた今年も可愛いお花を咲かせてくれた。
いちばん小さいパネルに描いてたら
雪が降ってきたので
画面の中にも降らせてしまった。
暦の上では春だったのに大雪。
この歌はまさにぴったり。
鶯の涙に思いをはせるとはねぇ・・・

雪のうちに春は来にけり鶯のこほれる涙いまやとくらむ                                     藤原高子

雪がまだ降っているのに、もう春が来てしまった。 冬の間じゅう凍っていた鶯の涙は、今はもうとけているであろうか。

巻第一 春歌上 二条后の初春をよまれた御歌。 まだ凍りつく寒さでも、立春と聞くだけで春を近くに感じる。 凍っていた鶯の涙もとけて、もうすぐ鳴き始めるだろう。 春にさきがけて鳴く鶯にいちはやく春を感じる。 二条后の勅勘が許されないうちに年を越えた意を含むという。

木下美香日本画展
2014年3月20日(木)~26日(水)
10:00am-8:00pm(最終日は4:30pm閉場)
池袋 東武 6F1番地 美術画廊 絵画サロン
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です