一期一会


いつもの森に出かけた。
ふだん何もないように見える場所。
思わず二度見。
お空のように真っ青なお花がぽちぽちと咲いていた。
そのなかでこの株はびっくりするような花つきだった。

筆竜胆。ふでりんどう。

近くで芽吹いていたのは白樫のどんぐり?
あんなにたくさんの実がなるのに
芽吹くのは少数。
さらにこれから大きくなって木になるのはほとんどない。
いつの間にか消えちゃうんだよね。

翌々日もういちどこのお花に会いたくて同じ場所に行ってみた。
どんぐりの芽はまだあったけれど
竜胆は驚くほどきれいに消えている。

ようく探したら
くるくるととがった蕾が
丁寧に閉じられた傘のように
ひそやかに立っていた。

フデリンドウ(筆竜胆)
学名:Gentiana zollingeri
科目:リンドウ科リンドウ属
分布: 日本では北海道、本州、四国、九州。
     日本国外では朝鮮半島、中国、カラフトに分布。
花期:4月~5月

山地の林内や日当たりの良いやや乾いた草原に自生する。
花は日があたっている時だけ開き、曇天、雨天時は、筆先の形をした蕾状態になって閉じている。

花言葉:「本当の愛」「正義」「誠実」「高貴」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です