入れ替わって


ムラサキケマンが群生していたところに
入れ替わるようにあらわれたセリバヒエンソウ。
ちいさなオダマキのようなかわいいお花。
たしかにツバメが飛んでるみたい。

下のほうにはちいさなきのこ。
ムジナタケ?
なんだろう?

今日はなんだかひたすら眠い。

明日からがんばることにして寝ちゃおう。。。zzz

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)
学名:Delphinium anthriscifolium
科目:キンポウゲ科ヒエンソウ属 (1年草)
分布:中国。明治時代に渡来。東京を中心に分布。
花期:4月~5月

葉の印象が「セリ」に似ているので「セリバ」で、花の印象を「飛翔するツバメ」にみたてて「飛燕(ひえん)」
キンポウゲ科の植物に多いのだが、このセリバヒエンソウも強い毒性がある。

花言葉:軽薄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です