今日もよい香り


2月入るくらいからもう咲き始めていたこのすみれ。
ニオイスミレです、といただいてほかの子と別に植えておいたのだった。
寒いころのお花はそれほど匂わなかったけれど
今咲いているお花は香りがよい。
ほかの子はまだつぼみもあがっていないというのに
どんどん咲いて楽しませてくれている。

今日はいつもの仲間たちと手賀沼半周ウォーキングにでかけた。
雨の予報ははずれて花曇り。
河津桜かな?濃いめのピンクの桜がちょうど見ごろだった。
柳の芽吹きが美しい。
まぶしい黄色の菜の花畑。
沈丁花と終わりかけの梅が甘い香りを漂わせる。
すっかり春になっている。
みんないつのまに準備してたんだろうね。

温泉に入っておなかいっぱい親子丼。
今週はおもいっきり走れそう。
手始めに明日は河津桜を描いてからお仕事に行こうっと。

ニオイスミレ(匂菫) 
学名:Viola odorata
科属:スミレ科スミレ属
別名:スイートバイオレット
開花期:12月~3月

ニオイスミレは非常に香が強く、1つの花を飾っておくだけで室内に香が満ちるほどの強い香を放つ。
紀元前320年ごろにはすでにギリシャなどで栽培され、アテネを象徴する花とされた。
美の女神アフロディーテの花として恋の妙薬に使われたり、宴席では二日酔いを防ぐために花冠にしたりした。
中世ヨーロッパでは、うつむいて咲く姿から清純と謙譲のシンボルとされ、聖母マリアに捧げられた。
ビクトリア朝時代の英国でも澄んだ芳香と可憐な美しさが好まれ、
紳士や淑女たちは花売り娘から買ったニオイスミレの花束を身につける習慣があった。
花だけでなく葉にも香りがあり、香水の原料となる。
ニオイスミレの香気は、ヨーロッパでは古くから化粧品、ハーブティーやワインなどの飲み物
シロップ、お菓子など、さまざまなものにも使われて来た歴史がある。
ヴァイオレット・リキュールの香りはニオイスミレを用いるものと特筆され、
他のスミレからはその独特の香りを出すことは出来ないとされる。

育て方
花言葉:「高尚」「秘密の愛」「奥ゆかしい」「控えた美しさ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です