尖ってます!!


おフランスではモリーユと呼ばれるおいしいきのこ、アミガサタケ。
こちらのスケッチはいわゆるトガリアミガサタケ。
カサが黒くて尖ってますな!
銀杏の落ち葉が堆積しているところに出るカワイイやつ。

まだアップしていないスケッチがたまってはいたのだけど
うれしくなってこれからアップしてしまった。
風邪もふっとんだ♪
寝込んでいる間に季節は進み、
昨日アップしたコブシは満開も満開!
ピンクの絨毯を作っていた椿の木の下は
すっかり茶色く枯れ色に。
お花もずいぶん減っていた。
代わりにふくふく膨らんだ桜の蕾。
ピンク色のシデコブシもひらりと咲いた。
それまでぽちぽちしか咲いていなかった菫も美しい。
あわてず焦らず描いていくしかないね。

トガリアミガサタケ
学名:Morchella conica
科目:アミガサタケ科
季節:春
環境:林内や道端などの地上に群生。
生活型:腐生菌
食毒:食

頭部の頂点部分が尖った形状になる事が多いアミガサタケ科のキノコで、
アミガサタケと同じように頭部は網目状のヒダで覆われている。
この網目状にはいった肋脈は横よりも縦の方が長くなり、頭部自体も縦長。
頭部の色は褐色で、網目状になっている外側の部分は濃褐色になってます。
アミガサタケと異なる点として頭部の下端にある網目がアミガサタケは下辺が閉じておらず、
トガリアミガサタケは完全に閉じているという違いがある。

食べ方:汁物、茹でものなど。
    アミガサダケと同様に生で食べると中毒する恐れがあるので、
    沸騰したお湯で泡が消えるまで十分に茹でる必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です