久しぶりです


木漏れ日の射す明るい林。
目を凝らすとちいさな青いお星様。
フデリンドウ。
晴れた日の昼間しか開かない
お寝坊さんで早寝のお花。
閉じているとぜんぜん目立たなくて
ここにあることを知っていないと
見つけるのは至難の業。
ひらいたときの5月の青空のような澄んだ青は
どの絵具を使っても表現しきれない。


ベルベットのような赤紫のスミレと一緒に。

ずいぶん久しぶりの更新になってしまった。
この間、いろいろあったんだけれど
携帯電話のデータをすべて消してしまったのは大変なことだった。
データをコンピュータに記録しておいたのはよかったけど
それを再インストールできない。
iPhoneの画面は「こんにちは」と他人行儀。
さっきまであんなに仲良くしてたじゃないの。
ネットで調べたりアップルに電話したりそうこうしているうちに
本格的に連休に入ってしまった。
あきらめて連休後になんとかしようっと
・・・と覚悟をきめたはよかったけれど
いろいろ不便。
まず困ったのが時計がない!
腕時計なんてここ十何年使っていない。
仕方ないので父の形見の懐中時計に久々に電池を入れた。
公衆電話もなかなか見つからない。
着物をきてお出かけしたときに公衆電話をさがしてかけたけれど
なんだか近代文明を拒否してる人みたいで
「ちがうんです、洋服もスマホも大好きです!」
と言い訳したくなった。

数日間カタクリを探しに遠出したけど
いつもいくところだし
どうせ電波はあんまり届いていないし
たいして必要はなかったので
そこは大丈夫。

帰ってきて連休が明けたけれど
こんどはお仕事が続いてなかなか携帯の復旧までいかない。
ソフトバンクのお店に行っても
iPhoneのことはやってくれないので
Appleに電話で状況説明して、操作の指導をしてもらわなくてはならない。
時間はかかるし、
何度もかけなおしたりかけてもらったりして
約1週間かかってやっともどった。
でもLineにログインできなくなっちゃった。
買ったスタンプ、もう戻ってこないね~。
残念。

フデリンドウ(筆竜胆)
学名:Gentiana zollingeri
科目:、リンドウ科リンドウ属
花期:4,5月
分布:北海道、本州、四国、九州。日本国外では朝鮮半島、中国、カラフト。

山地の林内や日当たりの良いやや乾いた草原に自生する。
近縁種の春竜胆(ハルリンドウ)は
根生葉がロゼット状になって目立つことや、
生育地がやや湿った土地であることなどで区別する。
名の由来は、花を閉じた状態が筆の穂先を思わせることからきている。
曇天や雨天では花は閉じるが種子の入った朔果は開く。
杯状に開いた朔果は雨水を杯に溜め込み、
一杯になると種子は水と共に流れ出して周囲に散布されることになる。
リンドウの仲間の創りだした究極の繁殖戦略である。

花言葉:「本当の愛」「正義」「高貴」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です