食欲の秋?


初夏から真夏の暑いひざしのもと咲き続け
今またさらに美しく咲いているメドーセージ。
紫式部、ヘンリー蔦の実とともに。

ちび猫、みつまめはなんでも果敢に食べてみる。
まだ拾ったばかりの頃、
猫ミルクをよく飲んでたのだけれど
ミルクの匂いがしたのか
かばんにしまっておいたクリームパンをひっぱりだして食べたのが始まり。
どうやら美味しかったらしく
パンとかクッキーとかビスケットとかの粉モノに
異常に興味を示す。
もちろんそれだけですむはずもなく
食卓のお魚、たらこ、煮物のお鍋に入ってたお肉
見つかるとおこられるので隙をみては盗み食い。
こちらもとられてなるものか、とそれらに気をつけるようにしてるのだけれど
そうなると白ごはんにも触手をのばしてきた。
お腹がすいているわけではないとおもうんだよね~。
先住猫カイちゃんのぶんもごはんを食べてるくらい。

先日、乾燥納豆をいただいてお皿に出したはよかったけれど
あまりおいしくなかったのでみんな一粒食べただけで残ってしまった。
ま・さ・か・とおもうでしょ?
朝起きたらきれいに完食ですよ!
びっくり、びっくり。
こんなことしてたら今に病気になるよ。
ほんと、気をつけてるんだけれど
ちびのほうが一枚上手。

ゆうべは妹が焼いて冷ましておいたスポンジケーキに
ちいさな歯型がついていた。

サルビア・ガラニチカ
学名:Salvia guaranitica
科名:シソ科アキギリ属
開花期:4月-11月
原産地:南米
別名:メドーセージ

ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチンなど南米に広く分布するサルビアの仲間。
日本では、本来サルビア・プラテンシスを指す「メドーセージ」の名で流通していることが多いが
これは日本にサルビア・ガラニチカが輸入され始めた頃に
流通業者が間違って名づけてしまったためと言われている。

花言葉:家庭的、普遍愛
MicaKatolaのブログ、アップしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です