終わりがけですが・・・


お向かいの山茶花がピークをすぎてしまった。
まずい!描きに行かなきゃ!

いつもの森に出かけたら
やっぱりちょっと終わりがけ。
咲き始めの瑞々しいかんじがほんとは描きたかったけれど
とりあえずスケッチ。

あら?ピントがあってない?

このところカメラもあまりいじってなかった。
週末はよいお天気。
久しぶりにのんびりと
カメラを持ってスケッチにでもいこうかな。

サザンカ(山茶花)
学名:Camellia sasanqua
科名:ツバキ科ツバキ属
開花期:11月~12月(サザンカ系)
原産地:四国西南部 九州 沖縄
分布:日本では山口県、四国南部から九州中南部、南西諸島(屋久島から西表島)等
   日本国外では台湾、中国、インドネシアなどに分布する。

通常サザンカというと晩秋から冬に花を咲かせるイメージが強いが
サザンカとヤブツバキが自然に交雑してできたハルサザンカは冬から春に花を咲かせる。
また真冬に花を咲かせるカンツバキも園芸上はサザンカに含まれまれることも多い。
このようにサザンカは花の咲く時期によって
「サザンカ系」「カンツバキ系」「ハルサザンカ系」の3つのグループに分けられる。
漢字表記の山茶花は中国語でツバキ類一般を指す山茶に由来し、
サザンカの名は山茶花の本来の読みである「サンサカ」が訛ったものといわれる。
ツバキ科の植物は熱帯から亜熱帯に自生しており、
ツバキ、サザンカ、チャは温帯に適応した珍しい種であり、
日本は自生地としては北限である。

花言葉:(赤い山茶花)「謙譲」「あなたがもっとも美しい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です