美しい実


先日きのこ狩りで新潟に行ったときに見つけた
美しいツルリンドウ。
うちの近くにはない植物なので出会えるととても嬉しい。
地を這うように生えていることが多いのだけれど
こうして草に絡まっているほうが絵になりますな!

ゆうべから今朝にかけて冷たい雨が降っていたけれど
みつまめくんはまったくおかまいなし。
頭の中はお外で遊ぶことでいっぱいみたい。
さすがに夜はおうちに入れちゃうんだけれど
そうするとぱったり眠ってしまい
朝まで起きない。
そして朝起きると雨が降っていようが寒かろうが
お外に出てぴょんぴょんうさぎのように跳ね回っている。

ツルリンドウ(蔓竜胆)
学名:Tripterospermum japonicum
科名:リンドウ科ツルリンドウ属
開花期:8-10月
分布:北海道・本州・四国・九州の山地の木陰

花はあまり目立たないが、果実が非常によく目立つ。
千葉県でレッドリストの絶滅危惧Ⅱ類、東京都で準絶滅危の指定を受けている。
『源氏物語』第10巻の「夕霧」で、沈みゆく日の光の中から黄昏の色が顕れるように
竜胆の紫が露に濡れている様が描かれているが
これはツルリンドウのことだとする説もある。

花言葉:「情愛」「悲しんでいるときのあなたが好き」「正義」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です