描き初め

今年の描き初めはなんにしようかな~♪
やっぱりよい香りをさせているこのお花、蝋梅!

透明感のある蝋細工のような花びらは青空が透けて
場所によっては緑がかって見える。
神様は寒さに耐えうるように丈夫な花びらを与えた。
まだまだ冬はこれからなのに
春の香りがあたりにふんわり漂う。
なんだかよい一年になりそうだね。
どうぞよろしく。

ロウバイ(蝋梅)
学名:Chimonanthus praecox
科名:クスノキ目・ロウバイ科・ロウバイ属
開花期:12月~2月
別名:唐梅 黄梅花 南京梅


本草綱目によれば、半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで蝋細工のようであり
且つ臘月(ろうげつ、旧暦12月)に咲くからこの名がついた。
その香りは、高貴な香りといわれ
香水などの化粧品や香料などにも用いられている。
その香りの主成分は、
シネオール、ボルネオール、リナロールなどの芳香油で
鎮静作用、精神安定効果、空気清浄などの
アロマセラピーの効果がある。
また、蝋梅には、薬効もあり、
花やつぼみから抽出した生薬「蝋梅油(ろうばいゆ)」は
火傷、解熱、鎮痛、せきを鎮める効果もあるといわれている。
しかし種子などにアルカロイドであるカリカンチンを含み有毒。
中毒すればストリキニーネ様の中毒症状を示す。

花言葉:「先導」「先見」「慈愛」「優しい心」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です