寒いのに

寒いね!

南半球のオーストラリアは夏なんだよね。
そのオーストラリアから来たお花
ハーデン・ベルギア。
小さなポット苗だったのがひと夏で大きくなり
晩秋に蕾をたくさんつけたので
お部屋に取り込んだらたくさん咲いてくれた。
これはまだ咲きだしたばかりの頃。
今日は満開状態を描いたので
またこんどアップしまーす。

こんなに寒いのにみつまめ君は元気いっぱい。
朝早くからお外に遊びに行き
ちょこちょこ帰って来てはあたたまって
またすぐ出て行ってしまう。
しかも油断禁物。
先日はうっかり机の上に出しておいた
いただきもののゼリーを食べようとしていたし
今日はなんと干し芋を食べてた!
ビニール袋は食い破ってしまうので
食べ物はしっかりふたの閉まるものにいれるか
壁のとどかないところにぶら下げておくかしないと・・・><

しかしヘンな猫!

ハーデン・ベルギア

学名:Hardenbergia violacea
科名:マメ科
主な開花期:3月-5月
原 産: オーストラリア
別名:コマチフジ ヒトツバマメ

オーストラリア東部、タスマニアに3種が分布するつる性の常緑樹。
日本で栽培されているのはハーデンベルギア・ヴィオラケア1種。
マメ科の植物はいくつかの小葉に分かれた「複葉」が多いのだが
ハーデンベルギアは小葉に分かれない1枚の「単葉」なので
ヒトツバマメ(一つ葉豆)の和名がある。
ハーデンベルギアの名前はドイツの
「フランシスコ・ハーデンベルグ
(C. F. von Hardenberg)」伯爵夫人の名前に由来。

花言葉「 過去の愛・奇跡的な再会・広き心・思いやり 」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です