カンボジア旅行記2

アンコールワットのつづき。

ツアーで行ったものだから
いろいろついている。

2日目、みっちり観光したあとのディナーはアプサラダンスつきだった。

正直、そんなに興味もなくって
どっちかといえばナイトマーケットに遊びに行きたかった。

・・・けれど遺跡に刻まれた天女たちを見ているうちに
興味がわいてきて、しっかりスケッチブックを抱えて行った。

ディナーはバイキング形式で
あんまり量を食べられないわたしには嬉しい感じ。
食べられる分だけとればよい。
そしてそれぞれ美味しかった。
カンボジアの料理は辛くなくて
名産品の黒胡椒が利いていて
どれもおいしい。
ベトナム料理やタイ料理も食べられるので
なんだかお得。

そして始まったダンス。

手足の動きがとても美しい。
指先がくるりと反ってしなやかで優雅な動き。

アプサラダンスだけではなくて
ココナッツダンスとか漁師の踊りとかもあったのだけれど
そこはあきらめてアプサラダンスだけを描くことにする。
そうしないとごはん食べ損ねちゃうもの。

この手の動きにはそれぞれ意味があって
芽生えから実が落ちるまでの生命のサイクルをあらわしているのだそう。

いちばん前の席をH.I.Sさんがとってくれていたので
しっかり観られた。

これはいらない、なんて言ってたけどやっぱり観にいってよかったよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です