ライバル不在?


近所の森のアカヤマドリタケ。
ハシリのころ描きごろのを採られてしまって
悔しい思いをしたけれど
ライバルは遠征でもしてるのかな?
いっぱい残ってた。

また開いたころ行こうと思っていたのに
なんだか忙しかったりお天気が悪かったりで逃してしまった。
きのこの神様は許してくださるだろうか・・・

アカヤマドリ

学名:Leccinum extremiorientale
科名:ヤマイグチ科
季節:夏~秋
環境:ブナ科の広葉樹と針葉樹の混生林や雑木林に発生。

とても大きく成長するキノコで、カサの直径は30cmほどになるものも。
カサの色は黄褐色~橙褐色。
幼菌時はボソボソしたデコボコの表面をしており
成長すると全体にひび割れが出てくる。
ひび割れの部分からはアカヤマドリの淡い黄白色をした肉が見える。

パスタに混ぜたり、リゾットに入れたりすると美味しく食べる事ができる。
しかし、虫がつきやすいキノコなのでその点には注意が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です