侵入


今年はカラーがよく咲いた。
お店で買うのとちがって
力強くて葉っぱも優美。
ずいぶんと楽しませてもらった。
このスケッチは雨上がりの朝のもの。

雨が降る前はベランダの蟻さんたちが部屋への侵入を試みる。
たしかにね、雨の日はつらいと思うのよ。
部屋のほうが快適でしょう。
でもね、それは許しません!!
先日朝起きたらかるーく行列ができていたので
まずどこから入ってきてるのか辿ってみる。
床と壁の隙間の1点から出入りしているのを見つけて
木工用ボンドを流し込む。
あいつら絶対穴あけてるよね。
去年も別の場所から入ってきてたので
ボンドで固めたもの。
その穴だけ塞いでもダメで
その付近全体をボンドで固めておかないと
またすぐ近くを開けて入ってくる。
今年はまたちがうところを開けて入ってきていた。
入り口をボンドでふさいだら
がーっと掃除器で部屋に入った蟻たちを吸い込んでしまう。

「子供のころはお砂糖とかくれたじゃないか」

「ごめんね、もうそのころには戻れないんだよ。
 君たちと一緒の部屋に住むことはできないんだ。」

がーがーがー・・・

今日のドラえもんはのび太たちが蟻の巣に入る話だった。
そういえば蟻が働くのをじっと眺めるの、けっこう好きだったな。
雨が降る前はみんなで巣穴の周りに土を盛って防水してたっけ。
雨を防ぐことが蟻たちには大事なのかも。
でも部屋への侵入は許しません!!

カラー
学名:Zantedeschia
科名:サトイモ科オランダカイウ属
別名:オランダカイウ
分布:南アフリカから8種類の原種が報告されている。
主な開花期:5~6月、10月

湿地性と畑地性の2タイプがあり、性質や育て方が異なる。

湿地性:乾燥を嫌い、湿り気のある土壌を好む。耐寒性があり強健で育てやすい。
    主な開花期は春。18℃以上の気温があれば冬でも開花する。
    代表的な品種…オランダカイウ
畑地性:湿地性に比べると若干、暑さや寒さに弱い。適湿な土壌を好む。
    主な開花期は初夏。代表的な品種…モモイロカイウ・キバナカイウ・シロボシカイウ

あ~!そうだったのか!きいろとかピンクがいなくなったと思ったら
あれは畑地性だったのね。冬の寒さか夏の暑さにやられたんだね。

花言葉:素敵な美しさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です