軽井沢スケッチツアー ロケハン!

蒸し暑い日が続きますね。
皆様、いかがお過ごしですか?

お盆休み、わたくしは
先日宣言しておりました
スケッチツアーの下見に行ってまいりました。

まずは今年の秋に企画している軽井沢!

軽井沢の紅葉はとても美しく
ここ、雲場池は有名ですね。

が、しかし紅葉の時期はとても混雑します。
この日もお盆休みとあってけっこうな混み具合。

でもこの今緑色の楓が紅葉したらどれだけ美しいことか・・・

余談ですが
きのこ、たくさんありました。

人混みに負けずにスケッチ。

きれいなところではありますが
なにせ混んでいて
通路が狭いので
ほかの観光客の方の邪魔になってしまうかもしれません。

描きにくいしね。

というわけで第二候補の塩沢湖に行ってみたのですが

入場料800円

かなり人工的に整えられていて
どうもときめかない・・・
柏の葉公園とあまり変わらないような・・・・

なので奥の手

わたしが前にきのこ仲間と行ったこの秘密の場所でいかが?

ほんとに森ですね。

行ったとき、あいにく雨が降りだしてしまって
写真がイマイチですが
とても美しい場所です。

こんなですが、一応近くにトイレもあります。

・・・やだ?

大丈夫、午前2時間描いて昼休み
午後も2時間の予定ですので
まあ、保険みたいなものです。

ここでは雨のためスケッチしませんでしたが
しばらくしてやんだので
カフェ近くの森で咲いていた
ボタンヅルをスケッチ。

風景でもよいですし、
こうしてここでしか描けないような
高地の植物のスケッチを楽しむのもアリ!

前回のブログでも書きましたが
今回は初の試みですので
木下の教室の方のみの参加者募集とさせていただきます。
ですので詳細は教室で!
お休み中の方も参加OKですので
こちら

からお問い合わせください。

またいろいろ検討して
来年は一般の方もご参加いただけるよう
工夫しますね。

木下美香の水彩画教室、日本画教室のご案内はこちらをクリック

さて次回のブログは
来年の夏のスケッチツアーに向けて
とってもよい場所を見つけて来ましたので
そのご報告。

ボタンヅル(牡丹蔓)
学名:Clematis apiifolia
科名:キンポウゲ科センニンソウ属
分布:本州、四国、九州。世界では、朝鮮、中国の暖帯から温帯にかけて。
環境:山野の日当たりのよい草原や林縁などで、低木林や他の草などにからんで生育
開花期:8月~9月

有毒植物。
切り口に接触すると皮膚炎を起こす。毒性成分はプロトアネモニン
和名は、葉の様子がボタン(牡丹)に似、つる性であることからついた。
よく似たセンニンソウは葉が羽状複葉、雄しべが萼片より短い。蕾の先が尖る。

花言葉:「休息」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です