来年のスケッチツアー候補 その1


予告してからちょっと経ちましたが
来年の夏企画の下見
乗鞍のようすをお伝えします。

個人で行く場合、松本から松本電鉄の新島々駅、そこからバスを乗り継いでいくか
車でシャトルバス乗り場に行きます。

ここはマイカー規制があって
自家用車では乗鞍スカイラインを使うことはできません。

自転車で登るつわものがたくさんいたのにはオドロキ・・・
わたしも自転車好きですが
これは大変すぎる・・・

バスは往復2500円。

でもこれで労せず高山植物の咲き乱れるお花畑に行けるのだから
安いものです・・・

わたしも山登り、きらいではないのですが
なんせ目的がスケッチなので荷物が重い。

できるだけ楽していって
エネルギーはスケッチに注ぎたいのです。


ひゃっほう!山頂!
登山服の皆さんはここからほかの山の頂上を目指します。

わたしはこの池の周りで十分すぎるくらい!

いきなりこんな可愛い子がお出迎えしてくれます。

残念ながら、コマクサが終わりがけ。

何種類の高山植物をみただろう?
もうもう、わんさか咲いてました!
この池を1周する必要もないです。
描くものには困りません!

もちろん山を描くのもよいと思います!

とりあえずいろいろ咲いてるとこをスケッチ。


黄色いのはウサギギクという可愛い名前のお花。
イワギキョウやヨツバシオガマも咲いています。



こういう感じの清楚な白い花が何種類かあったんだけど
これはコウメバチソウかな。
かわええ♪

この乗鞍スカイラインを使えば
脚の悪い方でも高山植物を描きにいけます!
もちろん山の風景も。

このシャトルバス、2,500円は若干高いですが
バス、タクシーは入れるので
みんなでバスを借り切って行けば楽だし割安。
柏から乗鞍山頂までずっと乗っていけちゃうってすごくないですか?^^

で、ここの場所のわたくしの感想。
お花はすばらしい!
風景もすばらしい!

でも寒い!!!

バス乗り場までは暑かったんですよ、普通に。

晴れてましたし。

頂上はめっちゃ寒いです。
長袖長ズボンで行ったのですが
その上からフリースや合羽を着込みました。

そして日が射すと暑い・・・

雨が降ったりくもったりはれたり
めまぐるしく天気が変わり
そのたびに気温も変わりました。

上着と合羽はお忘れなく!

あと日焼け止めもしっかり!

それとこの頂上の乗鞍バスターミナルまで来てしまうと
人が多いです。

私のように石になる術を心得ていれば大丈夫なのですが。←うそです

やっぱりちょっと描きづらいですね。。。

というわけで翌日はちょっと工夫してみましたよ。

次回に続く・・・

木下美香の水彩画教室、日本画教室のご案内はこちらをクリック

ウサギギク(兎菊)
学名:Arnica unalascensis var. tschonoskyi
科名:キク科ウサギギク属
分布:本州中部以北・北海道・千島列島・アリューシャン列島
環境:亜高山帯から高山帯に分布、草原地帯に生育
開花期:7-8月
別名:キングルマ(金車)

ウサギギクの和名は、葉の形がウサギの耳を思わせることに由来する。
花言葉:「愛嬌」

イワギキョウ(岩桔梗)
学名::Campanula lasiocarpa
科名:キキョウ科ホタルブクロ属
分布:北東アジア~北アメリカの亜高山帯~高山帯に分布する
   日本では、北海道~中部地方の高山の砂礫地や草地
開花期:7-8月

花言葉:誠実な恋、感謝、美点の持ち主

コウメバチソウ(小梅鉢草)
学名:Parnassia palustris L. var. tenuis
科名:ユキノシタ科
分布:北海道から中部地方以北の高山帯に分布
開花期:7-8月

ウメバチソウの高山型の高山植物

花言葉:いじらしさ(ウメバチソウ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です