毒はあれど


カレンダーの見本が先日届いたのですが
フォントの指定まちがいで
全面的にお直し中。
あと絵の色が全体に淡くなってしまったので
そこもお直し中。

お待ちの皆様、いま少しお時間くださいね。

今日のスケッチは有名な毒草、トリカブトの花。



トリカブト(F6水彩)

お花はずいぶん可憐。
ずらり並んだちいさな勇ましき兜。


木下美香の水彩画教室、日本画教室のご案内はこちらをクリック

トリカブト(鳥兜)
学名:Aconitum
科名:キンポウゲ科トリカブト属
開花期:8月~10月
環境:湿度が高い森

ドクウツギ、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされる。
トリカブトの仲間は日本には約30種自生している。
沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。
トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似てい
るからとも、鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。

花言葉:「騎士道」「栄光」「人嫌い」「厭世家」「復讐」

“毒はあれど” への2件の返信

  1. トリカブト
    読者登録頂きありがとうございます。
    この「トリカブト」いかにも毒がありそうですね。
    思わず引き込まれて見入ってしまいました。

    約2週間前に、庭で育てているハーブをグラスに挿したところあまりに姿が整っていることに気が付いて何十年ぶりに描いてしまいました。「もう少し早くあなたのサイトを開いていればもう少しましに描けたかも?」と思いつつ拝見しています。動画を拝見しただけでうまくなった気がしてしまいました。
    ご登録ありがとうございました。

  2. Unknown
    こちらこそありがとうございます。
    なめくじの記事、興味深く拝見しました。
    いちど大きなやつをつまみあげたとき、「ぎゃー」と悲鳴をあげたような気がしてそれ以来苦手なのですが・・・。(笑)

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です