軽井沢スケッチツアー!


ただいま~~!

おととい軽井沢スケッチツアー、無事終了いたしました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました!
おつかれさまでした!

寒い寒いとさんざん脅されていたので、びびってましたが
快晴で気温は低いようでしたが寒さは感じませんでした。
爽やかでちょうどよいスケッチ日和!
紅葉も見ごろ!

白糸の滝~。

お天気にはとっても恵まれたのですが
事故渋滞に巻き込まれ、まさかの2時間遅れで到着・・・・
それが返す返すも残念でなりません・・・
事故現場、3つも見ましたもん・・・

無彩庵池田さんにはご迷惑をおかけしましたが
13:30にお昼の時間をずらしてもらってスケッチ時間を1時間確保。

あわただしかった!

もともとは白糸の滝の手前でスケッチする予定でしたが
ドライバーさんに上手く伝わっておらず
しかも行きたかったところに進入禁止の札が・・・

今思うとそこで降ろしてもらってスケッチに行けばよかった。

白糸の滝をみられたのはよかったのですが
予想通り混んでいてちょっと描きにくかったかな。

でも、ほんと皆さんのやる気には感動しました。
人混みに負けず
しっかり場所を確保してスケッチをしてくださってました。
その場で描けない、と判断した方々はしっかり写真を撮った様子。

同じ写真を見て描くのでも
実際に行ってその場の空気を吸って
光を感じて音を聞いてそれを思い出しながら描くのと
全く行ったことのない場所の写真を写し取るのとは全くちがいます。

そしてあわただしく無彩庵さんへ

う~ん、メニューをみてもどんなものがでてくるのかよくわかりません。(笑)

前菜「純米吟醸酒粕のブランマンジェ 信州サーモン すじこ ガルムドレッシング」

ブラン・マンジェ:(フランス語: blanc-manger、ブラマンジェとも)は冷菓の一種。
          現在の日本では砂糖、洋酒、生クリーム、
          バニラなどで風味をつけた牛乳を
          ゼラチンで固めたレシピが多いが
          本来は砕いたアーモンドから
          アーモンドミルクを抽出して牛乳に香りを付けて作り
          肉が入ることもあった。
          名称は古フランス語で「白い食べ物」という意味の
          「blanc manger」に由来する。

・・・だそうです。お・おいしい!

「温製。工藤さんのバターナッツカボチャのポタージュ。」

バターナッツカボチャは偶然にもこの数日前にポタージュにして食べたばっかり!
かわいいかたちのカボチャだよね。
やっぱりプロの味はちがいます。

「マツカワカレイと信州きのこのムース・シャドークィーンのガランティーヌ
  魚の出汁と海苔菜をソースに」

ガランティーヌ(Galantine):主に鶏肉や魚肉等の骨を除いて
              詰め物をしたものを低温で茹でて
              アスピックで覆い
              冷たくして提供するフランスである。

なるほど。
外側の薄紫色のがシャドークィーンという品種のジャガイモだそうで
それでカレイときのこのムースを包んであるという手の込んだ1品。
頬張るときのこの香りがふんわりとして
なんとも幸せな気持ちになります。
付け合せの野菜がひとつひとつしっかりした味がします。
この盛り合わせ、山でスケッチ!のイメージですね。^^

最後はデザート!
「秋茄子のコンポート 焼き茄子のグラス 葛」

な・・・なす?
なすってデザートになるんだ?

食べてびっくり。
上に載ったちょっととろみのあるアイスクリーム、焼きなすの味がしますよ!
コンポートも絶品!

食後は予定変更で近場の雲場池に向かいます。
2時間スケッチ時間取れますよ!

おお~!紅葉真っ盛り!

でもね、やっぱり混んでた。
次回は今日の教訓を生かしてよりよい企画を立てたいとおもいます!

もう混んでるとこは行かないよ!

そしてもうちょっと近場をさがすかなあ。
でも軽井沢はまたリベンジしたい。
今回ご参加の皆様、次回のためアンケートの提出、よろしくお願いいたします。

そしてセンセイは少しだけ描きましたよ。



白糸の滝(F6水彩)

時間、足りませんでしたね~。
皆さんの作品も楽しみにしてます!

動画も撮りました。
クリックした方のみの限定公開です。


こちらをクリック

また行こうね!


木下美香の水彩画教室、日本画教室のご案内はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です