遅れてきたあいつ 今日は練りゴムについて


今日アップしたのは
これ、まだあったの?!
ってくらいこの季節レアな洋種ヤマゴボウです。
9月・10月に実るこの葡萄のような実は
どこでも見られるとても丈夫な植物ですよね。
これはなんと先週の火曜日にいただいて描いたので12月!!
まだ美しい!
日陰にあったそうなので
熟するのが遅れたのかもしれません。
こんなにきれいに紅葉するんですね~。
うちの近くのはもうとっくに枯れてます。

今日のもホワイトワトソンに描いてます。



洋種ヤマゴボウ(F4水彩)

今日は練りゴムのお話を。

みなさん、練りゴム使ってますか?
どこの水彩画教室でもおそらく最初にそろえてもらう画材です。
鉛筆と練りゴム!

子供の頃、練り消しってはやったけど
あれの上等なやつです。
鉛筆の線を消すだけなら普通の消しゴムでもよさそうなものですが
紙を傷めずに消すことができるのと
練りながら形を変えて使えるので
鉛筆で塗りつぶした上から白い線を引くように使ったりできますし
あとたくさん消しても鉛筆の粉で消えにくい、ということもありません。
カスが出ないのもよいポイントです。

しかし!意外と使い方を間違えている方をお見かけします。
ぜんぜん練らないで普通の消しゴムのように使ってたり
ずっと使いすぎていて真っ黒になってたり
あとはもってるのに普通の消しゴムのほうが消しやすい!
・・・と全く使ってなかったり・・・

たしかに消しゴムのほうがよい場面もあるんですが
彩色のことを考えるとほぼほぼ練りゴムにしたほうがよいです。

あれはまず使いやすいサイズにちぎって練りながら使ってください。
私だとだいたい2cmくらいですね。
手の大きさとかその方の感覚もありますのでその辺は適当に。
残ったのはもともと入ってたビニール袋に入れて
乾燥しないように口をしっかり閉めてくださいね。
使いながら汚れた面を練りこんで画面に汚れが戻らないようにします。
だんだんほどよい硬さになって使いやすくなってきます。
さらに使っていくうちにだんだん汚れてグレーになってきます。
永遠に使えそうな気がしますが
手にべたべたくっつくようになったら替えどきです。
しまってあった残りをおろしましょう!

で、買うときですが
画材屋さんでも2~3種類おいてあったりしますよね。
お好みもあるかとは思いますが、
わたしのおススメはバニーのイージークリーナーです。
緑色のロゴの入ったやつね。
200円と消費税です。
100円のとかもあるんですが
硬くて消しづらかったりします。
あと、どのメーカーのかは忘れてしまいましたが
生徒さんが持ってた練ゴムで消したあと油分が紙に残って
色がのりにくくなるのもあったような・・・。
水彩用じゃないのかもしれませんね。

お値段が倍ちがうと一瞬ゆれますが
ジュース1本分、がまんしてよいのを買ってくださいね。

今日も招き猫展のポスターのせちゃおっと♪


柏のいしど画材さんで
12月22日~1月8日まで
こんな企画展が行われます。
私の大好きな大野先生はじめとする猫作家さんたちとご一緒します。

わたしは招き猫であそびすぎてます。(笑)
描いてるうちに楽しくなっちゃって
どんどんいろんなあんみつ様が生まれてしまいました。

ちゃ~ん!

金運をよぶあんみつ様です!!
一緒に写メをとると来年はお金に困らない・・・かもしれません。
(私の作品は写真OK!です♪)
霊験あらたかなあんみつ様に会いに来てくださいませ。

2018年のカレンダー、そろそろ在庫少なくなってきました。
先週までちょっとバタバタしており、
配送が遅れて申し訳ありません。
今週はばしっとお送りします!
楽しみにお待ちくださいね。

こちらのホームページからご覧になれます。
それぞれの月の絵をクリックすると読めるようになっています。
パソコンのほうが見やすいかな・・・。
ホームページへはこちら

直接見て買える場所はこちら。

いしど画材さん

千葉県柏市柏 1-4-5 いしど画材ビル4階
TEL : 04-7167-1410
FAX : 04-7167-6415


ギャラリ平左衛門さん

営業時間:10:00~16:00
休館日:月・火・水
流山市東深井431
TEL 04-7153-9215

テルミー美容室さん

〒270-0111 千葉県流山市江戸川台東4丁目275
TEL:04-7152-0568

見本がありますので
どうぞお手にとってご覧くださいね。

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)
学名: Phytolacca americana
別名:アメリカヤマゴボウ ポークウィード(Pokeweed)インクベリー(Inkberry)
属性:ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属
原産地:北アメリカ
花期:6月から9月。夏季に扁平な果実を付けた後に初秋に黒く熟す。

ヨウシュヤマゴボウは有毒植物で、全体にわたって毒があり、果実も有毒である。
毒性は、根>葉>果実の順であるが、果実中の種子は毒性が高い。
熟した果実は柔らかく、潰すと赤紫色の果汁が出る。
この果汁は強い染料で、衣服や皮膚に付くとなかなか落ちない。


木下美香の水彩画教室、日本画教室のご案内はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です