春なのに秋の絵。きのこLOVE


こんにちは。

ずいぶん春っぽくなってきましたね。

こんなときになんなんですが
秋を感じる作品をアップ。

個展の小品群のうちのひとつの予定ですが
一番気に入ったかも。



秋収め(SM日本画)

おととしの秋のスケッチをもとに。

よし、スケッチも見せちゃおう。



このきのこ、アカチシオタケというのですが
小さく愛らしくとてもうつくしいきのこです。
ぽちっと折り取ると赤い血のような汁がでるので
「赤血潮茸」

このスケッチをした日は
晴れ女のわたしにしてはめずらしく雨模様。
降ってるようなやんだような
微妙なお天気でした。

湿った冷たい空気。
林の中はなんとなくきのこのにおいが漂っています。
この近くにはモエギタケや
かの有名な毒きのこ、ドクササコもありました。
名前の判別もつかないような
茶色いきのこや白っぽいきのこもたくさん。

その中からこれを選びました。

描いているとちいさな雨蛙が跳ねてきます。
寒いので動きがゆっくり。
そろそろ冬眠しないとだね。
そっと手に乗せてもすぐには逃げません。
そんなわけでモデル決定。

この絵を描いてるうちに
この晩秋の森にトリップしてしまって
我に返ったときは今の季節が冬の終わりだったことに驚きました。

けっこうこういうこと、ありますよね・・・あれ?私だけ?

違う季節の絵を描いてると
今の季節が何だったかわからなくなっちゃうんですよね。
なのでこの冬は私の中では主に春でした。(笑)

ではお口直しに春の絵を。



春風吹いて(SM日本画)


これも何枚かのスケッチの組み合わせですが
主にこちらのスケッチをもとに。


春の午後は風が強くなることが多いですよね。
この日は10時をまわったくらいからびゅうびゅう吹いてました。
幸い私は花粉症ではないのですが
それでもなんだかホコリっぽさ?粉っぽさ?
それは感じました。
よく見るとつくしからいっぱい花粉が出てたんですね。
つくしの花粉って緑色なのね。

そんなつくしの花粉とまぶしい日差しを再体験しつつ描きました。

個展会場はほとんど春の森です。
ひとあし早く春の空気を浴びにいらしてくださいね。

LINE@にて日々のスケッチもよう、配信中。
あ、今日の配信まだだった!
たまに忘れますが、配信みてたら
「何か描きたい!」って気分になる・・・かも?!

こちらからご登録ください!

よろしくお願いいたします。

あ、そうだ。オカベが最後かも、ってはなしをするの忘れてた。
また次回~~!

木下美香 個展
ギャラリーオカベにて2018年3月5日(月)~10日(土)

春のワークショップ、「お外スケッチを極める春」
参加者募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です