日光のスケッチの続き・デパートの個展・そして水張りの仕方


台風が通り過ぎたはずですが
ぐずついたお天気の千葉です。
涼しいから楽ですね♪

今日も4月末に行った日光付近のスケッチをアップします。

この柳の木、臥龍ってかんじでしょ?



日光 臥龍柳(F6水彩)


きらきらと陽があたって美しかった!
これは作品にしたいと思っています。

日光付近は熊が多いのであまり山深くには入りません。
でもこういう山道ってなんか魅力的ですよね。



日光(F6水彩)


ここは車の通る音がうるさいくらいの場所。
ちょっと向こうは車道です。
安心安心♪



切り株(F4水彩)


スケッチをした清流のある場所は
こうした白骨化?した木の根っことかがごろごろしてます。
そこからあたらしい命が生えてきていたりして
そこにもぐっと魅力を感じます。

先日、銀座の松屋さんに絵を見ていただきに行ってきました。

今年の3月の個展の前に
ギャラリーオカベさんでやるのは最後かも、ということを
ブログに書きましたが
実は1年以上まえから
松屋さんに画商さんと一緒に通いつめて
作品をみていただいてました。
松屋さんのギャラリーはとても素敵で
周りのお店もいつ行っても素敵なものが置いてあって
そこでぜひやらせていただきたかったのです。
3月の個展には担当のF課長も来てくださり
まだ詳しいことは決まっていませんが
来年の5月の連休明けあたりに
ギャラリーではなく同じ階にある特別室で
やらせていただけそうなかんじになってきました。
それでこんな作品でやりたいです、というのを
見せに行ったわけですが
作品とは別にこの臥龍柳を含めた風景画のスケッチも見ていただいて
これを作品にしたいと思ってます、と言ったところ
まず画商さんが
「こういうイレギュラーでコアなものもいいですよね」

え、え、ありふれてると言われるかとおもった・・・
しかも彼女はフォローしてくれているらしい。

F課長も
「そうですね」

え、そうなの?

おまけに紫陽花の作品を持っていったのですが
「普通の紫陽花もあったほうがいいよね」
と画商さん・・・

そうか、うちの紫陽花はちょっと変わってる。

自分の中のいろいろな「普通」が
意外とそうでもないことにちょっとびっくり。

付き合いの長い画商のTさんには
初めてのデパート個展からご迷惑かけっぱなしで
一枚も絵が売れなかったり
売れてもほんの数枚だったり
もうデパートはいやだとわがまま言ったり
弱音を吐いたり
こんな私を
よく見捨てずにいてくれたものだと思う。
今回も何度も何度もおつきあいいただいて
ずいぶんアドバイスもいただいて
やっとここまでこぎつけた。
感謝しかない。

イレギュラーかどうかはともかく
スケッチしてきた美しい風景から
私が感じた魅力を皆様にお伝えできるよう
がんばって作品にしていきたいと思ってますので
応援、どうぞよろしくお願いいたします。

そして今日はお向かいのお宅からいただいた
ごく普通の真っ青な紫陽花を描いてます♪
やっぱり青い紫陽花はきれいだね。

ところで!
みなさん、水張りしてますか?
水彩画を描かれる方には常識!かもしれませんが
長年習っていても、意外としたことがない方が多いのです。
やり方がわからない、
習ったことがあるけどやってないので忘れちゃった、
本で勉強したけどよくわからない・・・

そ・れ・だ・け・な・ら・ば・ま・だ・い・い・が!

「水張りしてきました!」
とせっかくいちど水張りしたものを
パネルが重いから、とはがして持ってきた方がいらっしゃいました。
かなりびっくしましたが
いしど画材のカトラさんにその話をしたら
やっぱりそういう方がお客様にもいらっしゃるとのこと。
和裁の洗い張りみたいな感覚なのかな~?
紙のしわのばしやコンディションを整えるためにするわけではありません。
(そういう効果もあるけどね)
色を塗って画面が濡れたときに
紙が波打たないように
あらかじめ濡らしてめいっぱい伸ばした状態で
パネルに張っておくのが水張りです。
絵が仕上がるまではがしてはいけません。

わたしのお教室でも何回かお教えしたのですが
マメにやらないとわすれちゃいますよね。
それで前に動画を撮ったのですが
自分の背中ばかり写ってて(笑)
とってもわかりにくかったので
今回、カトラさんと一緒に撮影しました。

こちらからご覧ください。

カトラさんの画材知識ハンパないので
このほかにもいろいろうかがってきました。
それも追々動画編集してアップしていきますので
ご期待くださいね。

ご質問がある方はこちらのLINE@にご登録いただければ
個人のやり取りができるようになりますので
お答えしますよ~!
こちらからご登録ください。

LINE@

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です