風に吹かれて


8月のスケッチから。
美ヶ原高原美術館のあたりでは
マツムシソウが美しく揺れていました。
台風がくるとかこないとかの時期だったので風が強く
それこそばんばん揺れてたので
半分あきらめてましたが
やっとちょっとやんだので
急いでスケッチ。
このお花はとってもとっても好きなので
どうしても描きたかったの。
途中ふと雲行きが変わって雨にやられました。
そんな変わりやすいお天気でしたが
そういう日はお空がきれいですね。
晴れたときに見えた山並がすばらしかった。
山登りしないでこんな風景見られるなんて
ちょっとズルした気分です。



マツムシソウのスケッチ(F6 水彩)


この絵、アップされてたよ~!と言われそう。

そう、カレンダー候補でした。
でもちゃんと紹介してなかったので。

ちなみにカレンダーは昨日〆切・・・のはずが
今日の夕方まで投票できる状態になってたのを
先ほど締め切りました。
(今日ご投票くださった方もいらっしゃいました。ありがとー!)

で、マツムシソウは2位のボタンヅルに2票差で辛勝
8月のカレンダーに決まりました~!
ぱちぱち。

これから改めて写真撮影、製版にかかります。
製版できたらまたこちらにアップしますね~。



マツムシソウ(松虫草)

学名:Scabiosa japonica
科名:マツムシソウ科マツムシソウ属
別名:リンボウギク スカビオサ(西洋マツムシソウをさすことが多い)
分布:北海道、本州、四国、九州に分布する日本の固有種。
環境:山地の草原に生育。
花期:8~10月

マツムシ(スズムシ)が鳴くころに咲くことが和名の由来であるとする説がある。
花の散ったあとの姿が仏具の「松虫」に似ているというところから、という説も。
昔、スカビオサ(マツムシソウ)は「疥癬(かいせん)」という病気の治療に使われていたことがあり
そこからラテン語で疥癬という意味をもつ「スカビオサ」という名前がついた。
英名では手芸で使われる針山(ピンクッション)に似た形をしていることから
「Pincushion flower(ピンクッション フラワー)」とも呼ばれる。

花言葉:「不幸な恋」「恵まれぬ恋」「わたしはすべてを失った」「悲しみの花嫁」「風情」「健気」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です