幸運のきのこと紙の風邪のおはなし、そしてちいさな絵たち


こんにちは~!
すこし間があきましたがお元気でした?
急にすっかり秋めいてきて
風邪をひいている方も多いようです。
お気をつけくださいね。

今日は先月末、秋雨の降る中で描いた
きのこスケッチをアップ。

雨ときのこは切り離せません。
しずくが宿ったきのこなんてわくわくする美しさですが
スケッチとなるとなかなかキビシイですね。
あと、こういった
ぽちぽちのついたきのこだと
肝心のぽちぽち(ツボが割れてできたイボ)が
雨で流れてしまったりもします。
この日は幸い流れるほどの降りではなかったので
完璧な個体に出会うことができました♪



ベニテングタケのスケッチ(F4 水彩)

センターの子が完璧!
ぽちぽちが見事に残っていました。
そして左上の子はみごとにつるんと・・・ww
右の子は少しとれてましたが
かわいい形ですよね♪

行った時期がよかったようで
たくさんのベニテンちゃんに会うことができました。
この子を描き始めたころ
雨が降り始めて
日も暮れてきました。

雨粒の跡、残ってますね~。



ベニテングタケのスケッチ(F4 水彩)


そして翌朝、ちょっと開いてきたところを
またスケッチ!



ベニテングタケのスケッチ(F4 水彩)


ところで今日アップしたスケッチには
アルシュの極細を使用してます。
私はどっちかというと荒目が好きなのですが
メルカリで安かったのでつい買っちゃったんですよね。
そしたらまあ使わないこと!ww
もうこれは強制的にこれしかない状態にしなければ、と思って
今回はF4サイズはこれだけしか持っていかなかったのです。
結果、意外といい!
筆あとや雨粒の跡なんかが
繊細に美しく残ります。
気が抜けないところがありますが
きのこ向きでしたな。

ただ、メルカリでスケッチブックを買うのは
あまりお勧めしません。
買うなら未使用のもの、
しかも購入時期をしっかり確認してくださいね。
紙は風邪をひきます。
紙が風邪をひく、というのは
にじみ止めが効かなくなる、ということです。
ずっとしまってあったスケッチブックを
引っ張り出して描くと
なんだかぽちぽちとシミができる、とか
絵具がしみこんでしまって
思うように発色しない、とか
これが風邪の症状です。

購入時期が比較的新しかったとしても
使用したものは水分が入りますので風邪をひく可能性があります。
新品でも管理方法によっては風邪をひきます。

私もメルカリで1冊失敗しました。
最初の何枚かまではよかったのですが
半分くらい風邪ひいてました。
この場合はプライマーなどの下地剤を塗ってしまえば描けますが・・・

なので清水な感じで買った、とか
プレゼントしてもらった、とかして
大事にしている高級紙のスケッチブックは決してしまいこまずに
ちゃんと使いましょうね~。
高級紙も練習しないと使いこなせないものですし。

というわけで今日は風邪のお話でした。

ところで来月の個展に向けて
かわいいのができました♪


ミニミニ水彩画!
これね、額の大きさが13cm角なのです。
絵の大きさ5cm角。


こちらは大きいほうは17.5cm角の額。
黄色いのはさっきのミニミニと一緒の大きさ。


もともともっていた木のフレームを塗り替えたんだけど
楽しくなってしまって
箱まで可愛くしちゃいました。

なかなか大きい絵は場所もとるし
お値段もしちゃうけど
これなら
飾りやすいかな、と。
お値段もだいたい3000円前後にする予定です。

数に限りがありますので
気になる方はお早めにいらしてくださいね。

こういう遊びっぽいのが作れるのは地元ならでは♪

11月8日(木)~11日(金)
ギャラリー平左衛門


お時間、午後4時までですのでお気をつけください!

ベニテングタケ(紅天狗茸)

学名: Amanita muscaria
科名:ハラタケ目テングタケ科テングタケ属
別名:フライ・アガリック アシタカベニタケ(岩手)
分布:ヨーロッパ、ロシア、アジア、北アメリカなどの各地で広くみられる。
環境:高原のシラカバやマツ林。
時期:夏から秋

ヨーロッパでは、幸福を呼ぶキノコとして人気がある。
毒性はさほど強くない。
ハエ作用を持つことから、洋の東西を問わずハエ取りに用いられてきた。

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です