きのこと感謝と新しいお店のお知らせ


アップしていないスケッチがたまりつつあります。
こちらは10月のスケッチです。



チシオタケのスケッチ(F4 水彩)


このときはどこを見てもなにかしらのきのこが
枯れ葉のあいだから顔を出してるかんじだったのですが
その後急激に姿を消していきます。
今くらいの季節になると種類は少なくなってきますが
なめことかヒラタケとか
おいしいきのこが出てる頃。
いいなあ・・・
行きたいなあ・・・

平左衛門さんが終わってもう2週間もたつのですが
ほんとにいろいろ遅くてすみません・・・
絵の発送やカレンダーの発送をお待ちの方
今週末か来週のあたまには届きますので
いましばらくお待ちくださいませ。

実は今回の平左衛門さん、1年前くらいから予約していたものの
今年の夏の暑さにやられて夏バテし
キャンセルしようかと本当に迷いました。
4日間という短い期間のために
搬入搬出というのもなかなか大変です。
でもね、スケッチは山のようにあるし
銀座で発表した絵も観られなかった方もいるし
気力をふりしぼってなんとか開催しました。
搬入搬出も友人に助けられ
受付を手伝ってくださった方もいて
なんて人に恵まれているんだろうと感謝感謝でした。
ハガキを作ったものの1通も出しませんでした。
手渡しできる方にしか渡してません。
それでもたくさんの方に来ていただきました。
ほんとうにありがたかったです。

そして言い訳っぽいけど
終わってからまたバテてました(笑)
歳?
なんだか疲れが抜けなくて、いろいろ作業がすすまず・・・
会期中におもいっきり転んで膝がぱっくりしてたので
それで気持ちもダウンなかんじ。

でもね、絵を描くとなぜか元気が出るので
絵を進めつつ作業をやるという・・・

すみません、ちゃんと働きます!

お膝ももうぱくぱくしてませんし!

それと今年のカレンダーですがこちらのブログで詳しくご紹介しております。
今年はちょっと弱気で(笑)
いつもより少なめに作りましたので
ご入用の方はお早めに!
A4サイズ。
1部¥2,300-で販売中です。
ご希望の方はこちらからお申し込みください。

あとは柏のいしど画材さんでも販売してます。
現物もこちらで見られますのでぜひ!
レジの近くに見本があります♪

あと、お知らせをひとつ。
明日、江戸川台に新しいお店がオープンします。

詳しい情報はこちらに。
車椅子の料理人がバリアフリーのお店を作りました!
コンセプトのすばらしさもさることながら
おいしそうでしょ?
驚くべき鯖!!!気になる!
そしてこのお店には私の絵を飾らせていただいてます。
季節ごとに架け替える予定ですので
美味しいお食事をいただくついでに
観てやってくださいませ。

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

個展を終えてそれとカレンダーの全容!


ごぶさたしてます!
ギャラリー平左衛門さんでの個展も終わり、
いろいろ事後処理に追われておりました。

短い間でしたが
来て下さった皆様
スケッチしに来て下さった皆様
応援してくださった皆様
 
本当にありがとうございました。

最終日に描いたスケッチ。
この山陰小菊が見ごろでしたね。



山陰小菊のスケッチ(F4 水彩)


来れなかった方、こちらから雰囲気だけでもお楽しみください。

この個展にギリ間に合ったかたち発売開始!
2019年カレンダーです。

投票してくださった皆様、ありがとうございました。
あなたの投票した絵は入ってますか?

表紙


1月


2月


3月


4月


5月


6月


7月


8月


9月


10月


11月


12月



A4サイズ。
1部¥2,300-で販売中です。
ご希望の方はこちらからお申し込みください。

あとは柏のいしど画材さんでも販売してます。
現物もこちらで見られますのでぜひ!
レジの近くに見本があります♪

すでにお申し込みの方、
今週中にお送りする予定です♪
絵をお買い上げでお待ちの方も今週中に~。
ほんとうにありがとうございました。

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

個展はじまります

今日から始まる個展、昨日搬入してきました。
取り急ぎ様子をアップ。
今朝はお天気もよいし、お外スケッチする気満々です。
もしご一緒できる方がいらっしゃいましたらぜひ!
蔵の雰囲気がとてもすてきです。

こちらから。

ではよい一日を!

三菱1号館美術館 フィリップス・コレクション展にいってきました

三菱1号館美術館のブロガー内覧会に行ってきました。
今何をやっているかというと…
フィリップスコレクション展!

米国で最も優れた私立美術館の一つとして知られるワシントンのフィリップス・コレクション。
設立100周年を迎えるのだそうです。
いわゆるモダンアートのコレクションで、ゴッホ、ピカソ、ブラック、クレー、カンデンスキーなどなど超有名どころ目白押し。

ああ、よくあるやつね、と思ってはいけない!

フィリップスさんのこだわりがすごいのです。
まず入ってすぐの部屋で違和感。
この絵たちが並んでます。

※写真は特別な許可を得て撮らせていただいてます。

なんか不思議でしょ?
普通のコレクション展って、例えばピカソならピカソをまとめて並べてあるとか、風景画なら風景画とか人物画でくくってあるとか、年代順とか、なんらかの規則性がある。
けど、この部屋にある絵に共通点が見いだせない。

その謎はキュレーターさんのお話を伺って解けました。

フィリップスコレクションのほうから、そういったくくりでの展示はNGといわれ、enjoy!と言われたのだそうです。
そこで打ち出したのが、購入した時期順展示!
そうきたか!!

そんなわけで作家もモチーフも一見バラバラなのです。

が、彼らなりの遊びというか理屈があるようです。
例えば

このゴヤの「セント・ぺテロの悔恨」という、
キリストの処刑後、キリストを知っているかときかれて3回も知らない、と
シラを切ってしまったことを後悔する悲壮感漂う絵のとなりが
ピカソの半抽象の生命力あふれる闘牛の絵だったりするのです。
(ピカソのこの絵は撮影不可…)
ぺテロさんの絵の構図にご注目。
三角になってますね。
これは静かな三角。
闘牛の絵は躍動感溢れる三角の繰り返し、というわけで三角つながりなんだそうです。

私の好きな部屋の構成は

ニコラ・ド・スタールの「ソー公園」のとなりに
ヘンリー・ムーアの「家族像」(彫刻。ちなみに写真不可)
そのとなりに

ゴッホの「道路工夫」
そのとなりが

アングルの「水浴の女(小)」

そのとなりにモディリアーニ来ちゃいます!(笑)

この並び、すごくないですか?

公園→家族と樹木→並木道に人物→人物→曲線美

と連想ゲームみたいなかんじです。
実際見ていて、その謎解きができるかはともかく、
まったく趣の違う名画が並ぶので飽きません。
アングルの静謐な人物のとなりにモディリアーニ!
やるなあ・・・。

この部屋のこの壁は動物つながり…

うんうん、歩いてる歩いてる!

ん?動物?

と思うでしょ?
この絵の題名は「白い縁のある絵のための習作」byカンデンスキー

大作のための習作の一部で、馬にのって槍をもち竜に突進していく場面なんだそうです。
画面やや右下の白い線が槍。
背中を丸めて馬にのっている人が見えるでしょうか?
竜の姿もあります。

と、心の目でみる(笑)のも楽しみのひとつ。

あと有名なドガの踊り子シリーズ。

この絵の中央左手に黒いシルエットがあります。
先生が身体をひねって動きを教えてるのですが、そのひねりつながりで…

ロダーン!(笑)

こうして連想ゲームも楽しめるし、作品のクオリティーもめちゃくちゃ高いので1日いられそうな展示でした。

ちなみにミュージアムショップも相当気合いが入っていて、複製画はもちろんすばらしく
1/12のミニチュアがすっごくかわいい!

で、これが本場のフィリップスコレクション美術館の1/12のミニチュア。

写真に撮っちゃうと縮尺がわかりづらいですね・・
でもちっちゃいの!
ソファーの布までちゃんと型をおこして
作ったのだそうです。
これは非売品。
でもどうしても、という方がいたら考えます、とのことです。
いくらするんでしょ?(笑)

グッズは基本平面で、作品を持ち帰る気分でお買い物♪というかんじです。
今回、平面作品は68点ですが、ポストカードはなんと64種類!
ほぼほぼありますぜ!
そして明日から全種類セットが超お買い得5000円で1日限定五個売られるそうです。

この方がグッズ開発についてめっちゃアツく語って下さいました。

個人的にはポストカード何枚かとノートとカレンダーが買いたかったなー。
また行っちゃおうかなー。

かなりのお勧めの展示です♪(о´∀`о)

ぜひお時間作って行ってみてくださいね。

フィリップス・コレクション展!

三菱1号館美術館にて2019年2月11日(祝)まで!