芽がでた!


これ、びっくりしますよね?
何だと思う?



芽のスケッチ(F4 水彩)

答えは


ハヤトウリ!!

松葉町の教室にモチーフとして持って行ったものを
オーナーさんが窓辺にころんと置いておいたら
なんと発芽したのだそうです。
別にお水をやったわけでもないそうです。
さすが1本植えたら200個以上できるという
生命力の強い瓜。

みなさんもやってみる?

ハヤトウリ(隼人瓜)

学名: Sechium edule
科名:ウリ科
別名:センナリウリ(千成瓜)、チャヨテ
原産地:熱帯アメリカ

多数つけるセイヨウナシ形の果実は中央に大型の種子を1個生じ
発芽まで果肉と種子が分離しない。
日本で1917年に鹿児島に渡って来たため隼人の瓜ということで
ハヤトウリという名前になった。
アメリカ合衆国ルイジアナ州のクレオール料理や
ラテンアメリカ、カリブ海諸国の料理によく用いられる。
漬物、炒め物、煮物などにして食べることができる。

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です