夏の終わりに(ひまわり)


真夜中の雷雨のあとから急に涼しくなり
今日は日差しがきつかったものの
風はずいぶんと秋めいてきました。
ほっと一息。

今日は教室のためにもってきていただいたひまわりのスケッチをアップ。
枯れたのが残ったのでラッキー。
この状態のひまわりも味があってよいですよね。
お花屋さんでは手に入りませんし。



枯れひまわりのスケッチ(F4 水彩)

まわりの蔓はセンニンソウ。
まだあちこちで咲いているのを見かけます。

もう少ししたら秋の花も咲き始めるかな。

ヒマワリ(向日葵)
学名:Helianthus annuus
科名:キク科
種類:一年草
別名:ニチリンソウ(日輪草)ヒグルマ(日車)ヒグルマソウ(日車草)
   ヒマワリソウ(日回り草)サンフラワー(英:Sunflower)ソレイユ(仏:Soleil)
原産地:北アメリカ
開花期:7~9月

ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸西部であると考えられている。
既に紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていた。
1510年、スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始した。
ヒマワリがスペイン国外に持ち出されるまで100年近くを要し、
ようやく17世紀に至りフランス、次にロシアに伝わった。
ロシアに到達してはじめて、その種子に大きな価値が認められた。

花言葉:「憧れ」「あなただけを見つめる」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!

LINE@

日々のスケッチが見られますのでよかったら登録してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です